logo

エネルギー効率改善のための商用建造物の改築によって年間411億ドルのコスト削減

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が、米国における商用建築物と公共建築物のエネルギー効率化を目的とする改築市場を調査・分析した「商用建築物と公共建築物のエネルギー効率化のための改修市場調査 2010年:省エネ効果、改修のビジネスケース、融資構造、政策と法規制要因、セグメント別需要促進要因、市場予測 - Energy Efficiency Retrofits for Commercial and Public Buildings
Energy Savings Potential, Retrofit Business Cases, Financing Structures, Policy and Regulatory Factors, Demand Drivers by Segment, and Market Forecasts」を出版

米国の商業ビルは合計で790億平方フィートを占めており、建造物はエネルギー消費や二酸化炭素の最大の放出源のひとつである。8割以上の商業建造物が築10年以上であり、もし現在の最新のエネルギー効率化のための改築を施せば、エネルギー削減の効果は非常に大きなものとなるだろう。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「商用建築物と公共建築物のエネルギー効率化のための改修市場調査 2010年:省エネ効果、改修のビジネスケース、融資構造、政策と法規制要因、セグメント別需要促進要因、市場予測 ー Energy Efficiency Retrofits for Commercial and Public Buildings:Energy Savings Potential, Retrofit Business Cases, Financing Structures, Policy and Regulatory Factors, Demand Drivers by Segment, and Market Forecasts」は、もし2010年現在の商業ビルが全て改築されるならば、毎年411億ドルのエネルギーコストが削減できるかもしれないと報告している。改築にかかる費用は10年以上の期間で年間225億ドルと予測している。


しかし、この大きな成果の期待にもかかわらず、実際のエネルギー効率化のための改築は、あまり期待できないだろうとパイクリサーチ社は予測している。「建造物の改築産業には、多くの大きな課題がある。現在の不況によってビルの所有者は改築への投資を渋るだろう。このようなプロジェクトへの融資は不十分で、建造物の効率化のための投資は、エネルギーの国内需要の成長によって失速するだろう」とパイクリサーチ社の常務のClint Wheelock氏は語る。


【調査レポート】
商用建築物と公共建築物のエネルギー効率化のための改修市場調査 2010年:省エネ効果、改修のビジネスケース、融資構造、政策と法規制要因、セグメント別需要促進要因、市場予測
Energy Efficiency Retrofits for Commercial and Public Buildings
Energy Savings Potential, Retrofit Business Cases, Financing Structures, Policy and Regulatory Factors, Demand Drivers by Segment, and Market Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。