logo

建物一体型の太陽光発電(BIPV)は、2015年に82億ドル市場に

米国の市場調査会社ナノマーケット社が建物一体型の太陽光発電 (BIPV)の製品市場を調査、予測した「建物一体型太陽光発電製品市場の将来性分析 2010年 - Building Integrated Photovoltaics: Opportunities 2010」を出版

米国調査会社ナノマーケット社の調査レポート「建物一体型太陽光発電製品市場の将来性分析 2010年 ー Building Integrated Photovoltaics: Opportunities 2010」は、従来の太陽光発電と比較した場合のコスト効率の有利性が功を奏して、世界の建物一体型の太陽光発電(BIPV)市場の収益は、2015年に82億ドルに達するだろうと予測している。また、建物一体型の太陽光発電への認識の向上やエネルギー効率化の必要性の高まりによって、沈滞する不動産業界において不動産開発業者や所有者が競争力をつけるためにも、建物一体型の太陽光発電は有効である。


この調査レポートは、2006年からの市場を調査している。過去数カ月の有機、色素増感電池、非有機薄膜太陽電池については、間もなく出版する「欧州の太陽光発電(仮題)」や2010年末に出版する「アジアの太陽光発電(仮題)」において分析する。


この調査レポートは、太陽光発電のバリューチェーンの様々なレベルにおける関連企業のビジネスチャンスの分析と定量化を行っている。太陽光発電材料のサプライヤは、結晶化シリコン、薄膜シリコン、セレン(CIGS)、CdTe(テルル化カドミウム、カドテル)、有機太陽光発電、色素増感電池の太陽光発電市場がどのように成り立っているかを理解できるだろう。パネルメーカーや建築資材企業は、壁面取り付け式パネル、完全統合型タイル、独立型フレキシブル合板製品、完全統合型フレキシブル太陽光発電製品、太陽光発電用ガラスなどの最新の設計、市場、コスト傾向について知ることができる。全ての製品と材料の金額とMW(メガワット)の8年間の出荷予測を行っている。


調査対象とした企業は、3M、3S Swiss Systems、Ascent Solar、Atlantis Energy、Bosch Solar、BP Solar、Corus、ダウケミカル、DRI/Lumeta、デュポン、First Solar、FlexCell、富士フィルム、Global Solar、JA Solar、JN Solar、Konarka、Odersun、Pilkington、Pythagoras、Schott、Schuco Solar、シャープ、Solarcentry、Solarwood、SRS、Sunovation、SunPower、Suntech、United Solar Ovonic、US Tile、Wurth Solar、Xunlightなどである。


【調査レポート】
建物一体型太陽光発電製品市場の将来性分析 2010年
Building Integrated Photovoltaics: Opportunities 2010
リンク

◆米国市場調査会社 ナノマーケット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。