logo

「BusinessStage ROD」のスケーラビリティモデルを提供開始

-ITリソースの利用量をお客さま自身が自在に変更できるIaaS型サービス-

 株式会社日立情報システムズ(取締役社長:原 巖、本社:東京都品川区大崎、以下 日立情報)は、リソースオンデマンドサービス「BusinessStage ROD」に、ITリソースのスケール(利用量)を自在にコントロール可能な「スケーラビリティモデル」を追加し、本日から提供します。

 日立情報では本年1月より、クラウド型サービスとお客様占有リソース型アウトソーシングサービスの双方の特長を兼ね備え、ITシステムの全体最適を実現するビジネスクラウドサービス「BusinessStage®」を開始し、お客さまのビジネス形態に適したITリソースをきめ細かく提供しています。
 今回、ビジネスの変化により柔軟かつスピーディに対応したいというお客さまの要望に応えるため、「BusinessStage®」のIaaS型サービスとして提供中のリソースオンデマンドサービス「BusinessStage ROD」に、お客さま自身がITリソースの利用量を自在に変更・コントロールできる「スケーラビリティモデル」を追加し、提供を開始します。
 本モデルでは、お客さまごとに用意されるセルフポータル画面(Web)から仮想サーバの生成(スケールアウト)やサイズ変更(スケールアップ)等を、お客さま自身が自在にコントロールできます。また、仮想サーバへのシステムインストールも、お客さま自身がリモート環境から実行できます。インストールする際に必要なCDメディアファイルを保管するストレージも、無償で提供します。


 なお、本サービスは、仮想化ソフトウェアとして「VMware vSphere」を活用しており、業界に先駆けて仮想化ソリューションに取り組んできた実績と、長年にわたり蓄積した運用管理技術・ノウハウを活かして提供します。
 日立情報では、今後も「BusinessStage®」を構成するサービスのラインアップを強化するとともに、日立グループのクラウドソリューション体系である「Harmonious Cloud」のひとつとして「BusinessStage®」を積極的に展開し、2011年度に100億円の売上を目指します。


<BusinessStage ROD スケーラビリティモデルの概要>
・セルフスケールアウト機能
 仮想サーバの生成をお客さま自身で行うことのできる機能です。
 仮想サーバのサイズは、表1のリソースプランを選択できます。
・セルフスケールアップ機能
 仮想サーバのサイズ変更をお客さま自身で行うことのできる機能です。


■リソースプラン別仮想サーバサイズ・月額提供価格


 リソースプラン        仮想サーバのサイズ               月額提供価格(税込)
1.Microプラン    CPU:1vCPU メモリ:1GB ディスク:10GB      8,190円/月・台
2.Smallプラン     CPU:1vCPU メモリ:1GB ディスク:40GB     16,170円/月・台
3.Mediumプラン   CPU:2vCPU メモリ:2GB ディスク:40GB     24,780円/月・台
4.Largeプラン     CPU:4vCPU メモリ:4GB ディスク:40GB     41,790円/月・台


*月額利用料は、リソースプランによる月額定額制料金です。
*月の途中でスケール変更した場合は、翌月から変更内容に対応した料金となります。


・メディアファイル保管サービス
仮想サーバへシステムインストールする際に必要なCDメディアファイルを保管するストレージを、無償で提供します。これにより、セルフポータル画面からリモートコンソール機能により対象の仮想サーバにアクセスし、CDメディアファイルをマウントすることでシステムをインストールできます。


※Harmonious Cloudは、株式会社日立製作所の登録商標です。
リンク
※その他、記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。


◆印刷用はこちら(PDF)からリンク
◆関連サイト:「BusinessStage ROD」Webサイトリンク

このプレスリリースの付帯情報

<サービスイメージ>

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。