logo

CFDビギナー必見!ウェブ連載コンテンツ『ステップアップ講座-CFDマスターへの道』初級編(全5回)を公開。

インヴァスト証券株式会社 2010年08月13日 12時30分
From PR TIMES

■『CFDステップアップ講座』初級編(全5回)では、CFD取引をするうえで必ず覚えておきたい基礎知識を5つのテーマに沿ってわかりやすく解説。
 8月18日からは、より実践的なCFDトレード方法の解説をメインにした「中級編」がスタートいたします。




インヴァスト証券株式会社では、7月より連載を開始いたしました「広瀬隆雄氏のCFDステップアップ講座-CFDマスターへの道」の初級編(全5回)を公開しております。

CFDの基本的な仕組みはFX(外国為替証拠金取引)とほぼ同様、少額からほぼ24時間取引ができる投資商品として注目を高めており、NYダウ、225指数といった世界の株価指数や、金、原油などの商品にもひとつの口座で投資ができる魅力もあります。
 
本コンテンツでは、海外投資のプロフェッショナル広瀬隆雄氏(投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLC代表)が、CFD取引のポイントをビギナーにもわかりやすく、具体例を用いながらやさしく解説。初級編から上級編までの全15回をステップアップ形式で連載してまいります。


◆「CFDステップアップ講座」初級編より ポイントを一部抜粋

  ・ CFD取引はFXの株式版だ
  ・CFD取引はデリバティブ取引の中では最も仕組みが簡単で、それゆえカジュアルに始められる投資
  ・ポジション管理技術が最初に習得すべき重要課題
  ・利益が乗ったポジションはなるべく粘って持ち続け、損になったポジションはサッサと切るのがトレーディングの掟(おきて)
  ・ピザパイのイメージでポジションの大きさを考える


◆広瀬隆雄氏「CFDステップアップ講座-CFDマスターへの道」閲覧はこちら
 リンク

───────────────────────────────────────
●初級編<掲載中>
【第1章~第5章】CFD取引クイック・ガイド 取引するうえで知っておくべきこと

●中級編<8月18日スタート>
【第6章~第10章】チャート分析、経済指標を絡めたトレード、トレードのルール等

●上級編 
【第11章~第15章】上級者のリスク管理、流動性、ボラティリティー等について

【講師】 コンテクスチュアル・インベストメンツLLC代表 広瀬隆雄氏
────────────────────────────────────────
※掲載内容は変更する場合がございます。

◆広瀬隆雄氏のご紹介
米国カリフォルニア州在住。投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。外国株式、新興国投資といった海外投資のプロフェッショナルとして、雑誌やWebで幅広く活躍されていらっしゃいます。

◆【インヴァストCFD】無料デモトレードのご紹介
 初めてでも安心してお取引いただけるデモトレードをご用意しております。
 リンク


◆インヴァスト証券とは
FXとCFDを主に取扱うネット専業証券会社。
なかでも、安心と税制優遇が魅力の東京金融取引所上場FX「くりっく365」では、口座数・預かり資産において3年連続No.1(2010年3月末時点・取引業者中)の実績。お客さまのご要望を反映した独自のサービスを展開し、支持をいただいております。
今後も、きめ細やかなサービスを心がけ、お客さまの取引環境のさらなる向上と機能の拡充に努めてまいります。


◆インヴァスト証券サイト リンク
【くりっく365】 リンク
【大証FX】  リンク
【FX24】    リンク
【CFD】  リンク

◆インヴァスト証券サポートセンター
【フリーコール】   0120-729-660 (7:30~23:30 土日除、祝日可)
【メールアドレス】 cfd-info@invast.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式会社インヴァスト証券(ヘラクレス:証券コード8709)
所在地    東京都中央区西新橋一丁目6番21号
事業内容    金融商品取引業
資本金      59億6,508万円
登録番号   金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第26号
加入協会   日本証券業協会、社団法人金融先物取引業協会
─────────────────────────────────
■本件に関するお問い合わせ先
営業企画部  03-3595-8907
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【リスク・費用などの重要事項】
本取引は、対象となる指数、商品、ETFの価格および為替レートの変動により損失が生ずるおそれがあります。また、株価指数CFD、商品直物CFDおよびETF CFDには金利調整額や配当調整額の受払いが発生することがあります。当社は、保証金率が一定水準以下となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、本取引は、預託すべき保証金額以上の取引が可能なため、急激な相場変動等に
よっては、保証金の額を上回る損失が発生するおそれがあります。・売買手数料は、株価指数CFD、株価指数先物CFD、商品直物CFDおよび商品先物CFDは無料、ETF CFDの売買手数料は、売買代金の0.1%(消費税等込)で、取引の都度、保証金から差引かれます。ただし、売買代金の0.1%が3米ドルに満たない場合の売買手数料は、3米ドルとなります。・本取引は、お客様の売値と買値に価格差(スプレッド)があります。・株価指数先物CFDと商品先物CFDには、それぞれ限月が定められており、最終決済期限があります。・保証金は、取引額の約2~10%に設定されており、保証金の最大約50倍のお取引が可能です。(平成22年5月17日現在)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。