logo

ドネーションミュージックがいよいよ本格スタート!

特定非営利活動法人ドネーションミュージック 2010年08月12日 14時58分
From PR TIMES

城南海「ずっとずっとCMバージョン」(ACジャパン国境なき医師団支援キャンペーンCMソング) 8月11日より配信随時開始!



 特定非営利活動法人ドネーションミュージックは、7月1日よりオンエアされているACジャパン(旧公共広告機構)の国境なき医師団支援キャンペーンCMソング
「ずっとずっとCMバージョン」を8月11日(水)よりdwango.jpほかの携帯サイト、iTunesほかのPCサイトにて随時配信いたします。
(携帯着うた105円 着うたフル158円 PCサイト150円)

 「ずっとずっとCMバージョン」をダウンロードにより購入した場合、流通経費を除く、その収益のすべて(税抜販売価格の約半分)が“国境なき医師団”へ寄付されるドネーションミュージックになっています。(2011年6月30日配信終了。)

 2011年6月まで城南海さんとさまざまなコラボレーションした展開を実施してまいります。

※ACジャパンはこのプロジェクトには関係しておりません。

 特定非営利活動法人ドネーションミュージックは2009年9月30日よりスタートいたしました日本初となるドネーションミュージック(寄付音楽)を推進するプロジェクト、BEYOND THE BORDER PROJECTを引き継ぐ形で2010年6月に認可、設立されました。より透明性の高いドネーションの分配、プロジェクト運営を担います。


公式サイト:www.donationmusic.jp
国境なき医師団日本:www.msf.or.jp


■ドネーションミュージックとは…
 購入と同時に購入代金の一部が任意の団体に寄付されることを目的に制作された音楽のこと。販売により音楽制作者が受け取る対価である音楽原盤印税を寄付の対象とする。従来のチャリティー音楽は収益の一部の寄付であったが、ドネーションミュージックは販売促進を目的にはしていないため、アーティスト印税も含む原盤印税収益のすべてを対象期間において寄付することを基本とする。

※配信販売の場合、税抜販売価格の約50%が原盤印税に相当。


■「ずっとずっと CMバージョン」
作詞作曲 望月衛介 編曲 岡田光司

○アーティスト:城 南海(きずき みなみ)
平成元年12月生まれ20歳鹿児島県奄美大島生まれ。14歳で徳之島、15歳で鹿児島市に移り住む。兄の影響で奄美民謡「島唄」を始め、2006年鹿児島市内で島唄のストリートパフォーマンス中にポニーキャニオンミュージックスタッフによりスカウトされる。島唄では2007年夏のMBC夏祭りで3,000人の前でパフォーマンスし聴衆を魅了した。その後、本格的にPOPSを歌い始める。 2008年11月、デビュー前にしてKTS(鹿児島テレビ)で55分のドキュメンタリー特番が放送される。デビュー前夜の12月には鹿児島最大のライブハウスCAPARVOHALLでの初ワンマンライブがSOLD OUT。澄み切った美しい声、やさしくも強い説得力を持ち、日本の原風景を感じさせる。 歌で注目を集める。2009年1月シングル「アイツムギ」でデビュー。 同年7月22日、日本で46年ぶりに観測された皆既日食当日にはシングル「白い月」を発売し、地元・奄美で皆既日食の最中にリアルタイムで同画面内で歌うという日本初のMusic Video(「太陽とかくれんぼ」)を撮影し、大きな話題になる。 8月には1stアルバム「加那 ~イトシキヒトヨ~」を発売。CIBO MATTOのMiho HatoriやROVO益子樹、sleepy.abなどが楽曲提供やプロデュースなどで参加。ECLIPSE2009、SUMMER SONIC2009、SunsetLive2009など各地の音楽フェスに出演し、9月にはRYUKYUDISKOやLGYankeesのアルバムに参加するなど、シンガーとして独自の活動を続ける。 2010年3月には新曲「ルナ・レガーロ ~月からの贈り物~」を発売し、全国ツアーを開催する。

公式HP: リンク


■【コーポレートパートナー】
ドネーションミュージックは以下の企業によって支えられています。

・株式会社 電通 ソーシャルデザインエンジン
 CRディレクション トータルプロデュース

・株式会社 タートルミュージック
 コンテンツ制作 トータルプロデュース

・株式会社 葵プロモーション
 映像コンテンツ制作協力

・株式会社 ベクトル グループ
 PR協力

・株式会社 電通クリエーティブフォース
 映像制作プロデュース

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。