logo

OKI、欧州プリンタ生産拠点のCO2排出量を17%削減

Tokyo, Aug 12, 2010 - (JCN Newswire) - OKIグループのプリンタ事業会社OKIデータでは、2009年度、英国生産拠点であるOki (UK) Ltd.(以下OUK)において、照明と空調の最適化やサーバ統合などにより、2007年度の17%にあたる約60万キロワット時の使用電力、CO2排出量換算値で315トンを削減しました。

Tokyo, Aug 12, 2010 - (JCN Newswire) - OKIグループのプリンタ事業会社OKIデータでは、2009年度、英国生産拠点であるOki (UK) Ltd.(以下OUK)において、照明と空調の最適化やサーバ統合などにより、2007年度の17%にあたる約60万キロワット時の使用電力、CO2排出量換算値で315トンを削減しました。


OKI データでは、2008年度に環境戦略を策定し、世界主要52拠点のCO2排出量を2012年度まで2007年度実績から6%削減することを目標として、各拠点で活動を続けています。1987年7月に設立したOUKは、2005年11月に、自然光や外気を取り入れた最適温度管理設計を施した環境配慮型社屋に移転を完了し、旧工場に比べ年間280万キロワット時の電力削減に成功しています。このたび、さらなる使用電力削減の取り組みとして、生産性向上による稼働時間の短縮に加え、照明や空調の最適化を実施しました。


照明と空調においては、生産エリアの照明と空調を一括で消すスイッチを設置して消し忘れを防止したほか、小エリアに区切って必要な場所だけに照明と空調を稼動させたり、自動化の進んだ倉庫の照度を四分の一に抑えるなどの対策を実施しました。また、サーバ統合によりサーバ台数を半減したほか、エアコンと空気圧縮機のインバータ化の実施や、食堂の冷蔵庫内の食品温度を感知して冷蔵温度をコントロールする装置を導入するなどの対策も実施しました。


OKIでは、このほか英国において、2008年に湖水地方で有名なカンブリア州にOKIウッドランドを創設し、カーボンオフセットへの取り組みを開始しています。今後も弊社は、地域に根ざした環境保護活動を展開し、地球規模の気候変動への対応を継続してまいります。


概要: 沖電気工業株式会社
OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク


お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部 田中
電話: 03-5403-1247
e-mail: press@oki.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。