logo

セルラーM2M(Machine-to-Machine)市場

内蔵モジュールのビジネスチャンスと市場動向

世界的な経済恐慌の結果、セルラーM2Mモジュールの市場にとって、2008年から2009年前半は非常に厳しい時期となった。しかし、2008年第4四半期と2009年第1四半期で、セルラーM2M市場は底を打ったようである。ほとんどのベンダーは、2009年第1四半期と比べて2009年第4四半期の出荷において劇的な改善を報告した。米国調査会社ABIリサーチは、2010年以降は、市場はより正常な成長パターンを再開するだろうと予期している。それにもかかわらず、セルラーM2Mモジュールベンダーは、収益を上げるためにますます大きな市場圧力に直面している。それは、陳腐化、バリューチェーンの価値連鎖の退化の脅威、カスタムモジュールメーカーとの競争などである。セルラーM2M市場には、断片化しているアプリケーション開発者の統合や出荷量の増加などの、多くの市場促進要因と課題があり、また市場は4G技術のインパクトにもまもなく遭遇することになる。この調査レポートは、2003-2009年のセルラーM2Mモジュールの市場動向とベンダの戦略的対応の分析や市場シェアと、2007-2015年のセルラーM2Mモジュールの出荷数と収益の成長予測を地域毎、アプリケーション毎、無線技術企画毎に記載している。


【調査レポート】
セルラーM2M(Machine-to-Machine)市場:内蔵モジュールのビジネスチャンスと市場動向
Cellular Machine-to-Machine (M2M) Markets
Market Opportunities and Trends for Embedded Modules
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。