logo

King & Spalding、商事仲裁とエネルギー取引を専門とするシンガポール事務所を開設

Singapore, Aug 10, 2010 - (JCN Newswire) - エネルギーおよび国際仲裁分野で国際的な活躍の舞台を拡大し続けているKing & Spaldingは、両分野の地域ハブとしてシンガポール事務所を開設する政府認可を申請したことを、本日発表しました。

Singapore, Aug 10, 2010 - (JCN Newswire) - エネルギーおよび国際仲裁分野で国際的な活躍の舞台を拡大し続けているKing & Spaldingは、両分野の地域ハブとしてシンガポール事務所を開設する政府認可を申請したことを、本日発表しました。


新事務所の所長はPhilip R. Weemsとなる予定です。Weemsは、King & Spaldingのグローバルエネルギー業務の指揮も、シンガポールに拠点を移して続行します。著名なLNG関連問題のオーソリティとして、インドネシアなどアジア地域で30年近くも業務を行ってきたWeemsは、King & Spaldingのドバイ、リヤドおよびアブダビ事務所で、2007年から今年はじめまで業務執行社員を務めていました。彼は、Association of International Petroleum Negotiators (国際石油交渉人協会)の元会長です。


シンガポール事務所では、Weemsに加えて、Daniel R. Rogersがパートナーを務めます。Rogersは、国際取引専門弁護士で、アジアでさまざまな大規模プロジェクトにかかわった経験があります。二人に加えて、Shearman & Sterlingで先日まで国際仲裁副会長を務め、アジアの争議業務を指揮していた国際仲裁専門弁護士のJohn Savageも、パートナーとして入社しました。


Savageは、アジアおよび中東で幅広い活躍をしてきた国際商業仲裁のエキスパートで、エネルギーおよび化学などの他、大規模建設やインフラ関連争議など、多くの業種の経験があります。彼にはまた、King & Spaldingが高い評価を受けている投資家と国家間の仲裁業務を補完するような、非常に多くの投資条約調停経験もあります。


Rogersの取り扱う業務は、アジアのLNG、石油・ガス、電力、再生可能エネルギー、および海運プロジェクトなど、エネルギー関連のインフラおよび輸送プロジェクトや取引の、開発、プロジェクト融資および業務などが中心です。彼は、国際的なエネルギー・バリュー・チェーンのすべての面から、スポンサー、貸し手、サプライヤ、運送業者、処理業者、オペレーターおよび販売業者の代理を務めます。


「John Savageは、アジアにおける主導的な仲裁人のひとりとして高い評価を受けており、彼のシンガポールや地域での長い経験は、弊社のグローバル商業争議業務を、さらに重要な側面から向上してくれるでしょう。」と、King & Spalding会長のRobert D. Hays Jr.は述べました。「シンガポールは、アジア、インド亜大陸およびオーストラリアにおける商業争議の国際仲裁の中心地となってきていますし、また、地域全体におけるエネルギーおよびインフラ投資も着実に増加していますので、弊社がエネルギーおよび仲介業務を継続的に拡大していくための拠点として、まさにふさわしい都市です。」


Savageは、次のように述べました。「King & Spaldingの優秀な国際仲裁弁護士チームの一員に迎えていただき、たいへん光栄に感じております。商業仲裁業務の継続的拡大に、ぜひとも貢献したいと考えています。同僚と協力し合って高い業績を達成するKing & Spaldingの文化は、特に魅力的で、まさに私にぴったりの会社だと感じています。」


「国際的エネルギー企業のお客様は、シンガポールが、全アジアのエネルギー関連取引や他の企業活動の出発点として非常に優れていることを、よく認識しています。」と、Weemsは述べました。「法律事務所として弊社にはすでに、東南アジアとオーストラリアに、エネルギー取引関連の顧客を多く抱えています。弊社が顧客案件のポートフォリオを拡大し、お客様が必要とする場所でサービスを提供しようと真剣に取り組んだ結果、シンガポール事務所を開設することになったのは、当然の帰結です。弊社は、イスラム金融、不動産および未公開株式などのグローバル業務を拡大し続けていますが、アジアではすでに弊社の業務に対するニーズが高く、インドではさらに事業展開をする予定となっています。このような背景から、シンガポール事務所開設により、弊社には地理的な優位性も生まれます。


シンガポール事務所開設は、主要グローバル市場、業界および法律分野での投資と成長のためのKing & Spaldingによる一連の戦略的施策の、最新の動きです。去年の秋、同社は、仲裁弁護士の第一人者で、国際仲裁裁判所の元事務局長のEric A. Schwartzと、仲裁エキスパートのJames Castelloを新たに迎え、パリ事務所を開設しました。6月には、元Hogan Lovells社員で、パートナーのGarry PeggおよびHywel Jonesを筆頭とする5人のエネルギー取引専門弁護士チームをロンドン事務所に雇用したことと、国際取引案件を中心に取り扱うジュネーブ事務所の開設を、発表しました。4月には、エネルギー専門弁護士Timothy M. BurburyおよびLeroy Levyが、アブダビとドバイの事務所にそれぞれ迎えたことも、発表しました。


シンガポールは、米国外でKing & Spaldingが開設した8番目の事務所となる予定です。King & Spaldingは、エネルギーと仲裁業務で常に世界のトップクラスにランク入りしています。同社の国際仲裁業務は、数々の賞に輝いています。たとえば、2010年度Chambers USA最優秀賞を獲得し、2008年と2009年にはFocus Europeの仲裁スコアカードで第2位となりました。同社は、2010年International Legal Alliance Summit(国際法律同盟サミット)で、「プロジェクト資金調達、インフラおよびエネルギー」カテゴリーの最優秀米国法律事務所として表彰され、2009年には、ラテンアメリカのKing & Spalding石油タンク備蓄開発取引がProject Finance誌の最優秀リファイナンシングに選定されました。


King & Spaldingについて
創業125年のKing & Spaldingは、アブダビ、アトランタ、オースチン、シャーロット、ドバイ、フランクフルト、ジュネーブ、ヒューストン、ロンドン、ニューヨーク、パリ、リヤド(関連事務所)、サンフランシスコ、シリコンバレー、およびワシントンDCに800人以上の弁護士を擁する国際法律事務所です。同社は、フォーチュン100社の半数の代理人を務めています。また、Corporate Counsel社が2009年8月に実施した調査では、それらの企業の代理を務めている合計件数で第5位にランクインしました。さらに詳しい情報については、 www.kslaw.com をご覧ください。


お問合せ先:
Les Zuke
Tel:212-827-4392
Email: lzuke@kslaw.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。