logo

日本アバイア、企業向けコミュニケーション・プラットフォームの新版「Avaya Aura(TM) 6.0」を発表

~リアルタイムなマルチメディア対応により「People Centric」なコラボレーションを実現~

日本アバイア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:ロバート・スチーブンソン)
は本日、企業のユニファイド・コミュニケーションおよびコンタクトセンターの
基盤となるコミュニケーション・プラットフォーム「Avaya Aura(TM)」の新バー
ジョン「Avaya Aura 6.0」を発表します。「Avaya Aura 6.0」では、セキュリティ、
拡張性、柔軟性を向上したほか、プラットフォーム全体に仮想化を拡張し、管理を
一元化しました。

「Avaya Aura 6.0」は、リアルタイムなマルチメディア対応により、人と情報を効
率的に結び付けるというアバイアの企業向けコミュニケーションの新たなビジョン
に基づくソリューションです。これにより企業は、コストを抑えながら意思決定を
迅速化するPeople Centricなコラボレーション(コンテキスト*に応じたコミュニ
ケーション)へと移行することができます。「Avaya Aura 6.0」は、8月9日より
提供開始します。

*コンテキスト:コミュニケーションを成立させる共有情報

アバイアは、2009年5月にIMS(IP マルチメディアサブシステム)をベースとした
企業のユニファイド・コミュニケーションおよびコンタクトセンター・インフラの
新アーキテクチャ(プラットフォーム製品群)「Avaya Aura」を発表しました。
IMSでは、SIP(Session Initiation Protocol)ベースですべてのセッション(音
声、電子メール、インスタントメッセージング、SMS等を含む)情報を統合管理す
ることで、レイヤー(アプリケーション、コネクション、アクセス)ごとに独立した
構成
を組むことができます。従来は、IP-PBXとアプリケーションがひとつのシステム
だったため、バージョンアップや機能追加をする際はシステム全体を変更する必要
がありました。Avaya Auraアーキテクチャにより、通信機能とアプリケーションを
個別に変更することができるため、コストを削減し、拡張性を向上することができ
ます。また、アプリケーションを複数拠点で共有できるため、各拠点での構築・
運用管理コストを低減することができます。

「Avaya Aura 6.0」を構成する主な新製品は下記のとおりです。
●Avaya Aura Contact Centerは、SIPベースでマルチメディア(音声、電子メール、
 インスタントメッセージング、SMS等)のセッション管理を実現するコンタクト
 センター・ソリューションです。詳細は本日発表したプレスリリースから参照
 できます。

●Avaya Agile Communication Environment (ACE) は、オープンスタンダードの
 サービス指向アーキテクチャ(SOA)とWebサービスをベースにしたソフトウェア・
 プラットフォームです。 デスクトップ環境や通信インフラにおいて単一ベンダー
 の独自ソリューションに縛られることなく、企業向けビジネスアプリケーション
 との統合を可能にします。

●Avaya Aura Presence Servicesは、Avaya 9600 シリーズSIP 電話機、オフィスの
 電話機と同等の機能をもつプレゼンス機能付きソフトフォン「Avaya one-X(R)
 Communicator」、コンタクトセンターのオペレータ向けソフトフォン 「Avaya
 one-X Agent 」およびIBM(R) Lotus Sametime、Microsoft Office Communications
 Serverのプレゼンス連携を提供します。

●Avaya Aura Session Manager 6.0 は、Avaya Auraの全セッション管理を行う製品
 です。最新版では5万台の SIP 電話機またはビデオ機器を含む10万 ユーザを接続
 可能にしました。

●Avaya Aura Communication Manager 6.0は、IPテレフォニー・サーバーまたはSIP
 環境のフィーチャーサーバとして動作します。SIP環境とNon-SIP環境(H.323/デジ
 タル/アナログ)で動作すると共に、それらのゲートウェイとしても動作するた
め、Non-SIP環境をAvaya Auraに容易に接続することを可能にします。

●Avaya Aura Session Border Controller(SBC)はSIPトラフィックを外部IPネット
 ワークとセキュリティ上分離するために利用する装置です。これにより、企業は、
 社内・社外の両方で、急増するIPベースのデバイス、スマートフォン、アプリケー
 ションに対し、SIPベースのユニファイド・コミュニケーションをセキュアかつリ
 アルタイムに接続することができます。SBCは、DoS(サービス拒否)、なりすまし
 攻撃、介入者攻撃、未使用VoIPポートによるアクセスなど、さまざまな攻撃から
 顧客のネットワークとネットワーク機器を保護します。

●Avaya Aura System Manager 6.0は、Avaya Auraの管理共通のフレームワークとし
 て、各サーバ上で共有されるユーザ情報などを一元管理します。今回のリリースに
 より一元管理可能な対象サーバ、機能を大幅に増加しました。

●Avaya Aura System Platform 6.0は、アバイア製品が動作する仮想化プラットフォ
 ームです。本バージョンからAvaya Aura全製品がこのプラットフォームで動作する
 ことにより、ハードウェアを削減し、消費電力と管理コストを低減することができ
 ます。

●SIP電話機「Avaya one-X(R) Deskphone Value Edition 1603SW-i」:
 「Avaya 1603 SW-I」用SIP対応ファームウェアをリリースしました。Avaya Auraに
 接続可能なエントリーレベルの電話機がラインナップに加わることで、より手軽に
 Avaya Auraを導入できます。

●Avaya Communications Server 1000(CS1000)7.0 は、旧ノーテルのIP-PBX
 「CS1000」の最新版です。拡張性を向上、IPv6プロトコルに対応し、SIPのサポー
トと接続性を強化しました。本日発表した製品の多くがAvaya Communications
 Server 1000に対応しており、Avaya CS1000を導入している企業は、Avaya Aura
へスムーズに接続可能です。


<アバイア(Avaya Inc.)について>
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ)は企業
向けコミュニケーション・システムのグローバル・リーダーです。アバイアは、ユニ
ファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向けソリューシ
ョン、データ・ソリューションおよび関連サービスを直接、またはチャネルパート
ナーを通じて世界中の企業に提供します。企業の業務効率、コラボレーション、
顧客サービスおよび競争力を向上するアバイアの最先端のコミュニケーション
テクノロジーは、あらゆる規模の企業に利用されています。
詳細は、アバイアのWebサイトリンク をご覧ください。
日本アバイアについては、リンク をご覧ください。

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社
電話:03-5575-8850 e-mail: jpmarketing@avaya.com

<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社 マーケティング部 広報担当 坂田 
電話: 03-5575-8829 e-mail: sakata@avaya.com
(広報代行)株式会社プラップジャパン 落合 電話 03-4570-3191

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。