logo

iPhoneやiPadでeラーニング視聴可能に〔400講座〕

LMS(Learning Management System)を使用して、・学習者個人の学習履歴、学習進捗状況、成績の管理

コンピュータトレーニング教材制作、eラーニング向けコンテンツ制作のアテイン株式会社(本社:東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル、電話:03-3255-4721、代表取締役:本多成人、資本金:1億1470万円)は、オンラインコンテンツ配信サービス「動学.tv(http://dougaku.tv/)」の映像コンテンツを、PCは元よりiPhoneやiPadで視聴可能にし、その受講状況をLMS(学習管理システム)で管理できる法人向けのサービスを8月1日より開始した。

これまでは高機能なスマートフォンを持ち歩くのはビジネスマンというイメージが強かったが、最近は一般的で利便性の高い機能が搭載されてきたことにより、一般人の間でも普及が進んでいる。主にApple社のiPhoneなどがそれだが、つい先日には同社からiPadが登場したこともあり、世間では高機能なスマートフォンを持ち歩く風潮に拍車がかかっている。そして、弊社のオンラインコンテンツ配信サービスである「動学.tv(講座数400以上・タイトル数約180)」はその開始時から、企業・大学内の教育に活用したいとの声を多数いただいてきたこともあり、市場とそのニーズに応えるべく、手始めに同サービスの映像コンテンツを、iPhone・iPadのモバイルとPCに配信するサービスを開始する運びとなった。
受講者は、自宅のPCは元より外出先でiPhone・iPadからでも、やる気になった時にすぐに受講を開始できるので、モチベーションを下げることもなく、効率的なスキルアップに結びつくという寸法である。そして管理者も受講状況のチェックの為に、わざわざPCの前までいかずともiPhone・iPadからチェックすることが可能なので、管理に多くの時間を割かれることもない。

配信するタイトルの内容としては、Microsoft Officeなどのビジネスソフトから、DTP・WEB・CADなどのデザイナー向けの講座や、DTM、高度な映像処理ソフト、さらにJava・C++などの開発言語や、ビジネスマナーまでと、その内容は多岐にわたる。さらにオリジナルコンテンツの制作も請け負う。

弊社の10年に渡るIT教材制作ノウハウと、オンデマンド配信の実績を活かした同サービスが、学習効果の高いeラーニングコンテンツを求める企業・大学に大きな需要があると見て、初年度1億円の売り上げを目標としている。


---------- 「動学.tv」特長 ----------
■10年以上の実績を誇る「誰でもわかる」シリーズのノウハウを生かした効果的な学習
■インタラクティブ・コンテンツでは操作を実体験しながらの学習も可能
■オンデマンド配信なので、時間、場所に束縛されない
■Word・Excel・CAD・DTP・DTM・映像編集・開発言語・WEBコースからTOEIC(R) TEST、ビジネスマナーまで幅広い分野のコンテンツ
■ナレーターが懇切丁寧に解説するので初心者でも安心
■自由にダウンロードできる復習に最適な演習ファイルを提供
■常に最新の情報を、最適な方法で提供
■講座数は約400
■1講座約60分前後なので400時間前後がインターネットで学び放題


このリリースに関するお問い合わせは下記まで
アテイン株式会社 担当:福嶌崇臣 info@attainj.co.jp
東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル

このプレスリリースの付帯情報

イメージ写真

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

用語説明
LMS特定非営利活動法人
日本イーラーニングコンソシアム(eLC)用語集より
LMS(Learning Management System)

eラーニングの運用に必要な機能を備えた管理システムのこと。学習管理システムとも呼ばれる。
LMSには、一般的に次のような機能を備える。

・学習者の登録、変更、削除
・教材の登録、学習者への教材の割り当て
・学習者個人の学習履歴、学習進捗状況、成績の管理
・成績集計、統計分析機能
・情報共有用の掲示板の設置や、学習者に対するメール送信

システムによっては、学習者の行動を把握して教材の改善に役立つ分析機能や、学習意欲を維持、向上させるための機能などを備えるものもある。また、異なるLMSでも同じ教材が利用できるように、SCORMと呼ばれる標準化がなされている。標準化により、高品質な学習教材が安価に提供されるようになると期待されている。

【関連用語】 SCORM

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。