logo

アジア太平洋地域の省エネサービス企業の市場は2015年までに185億ドルに成長

米国の市場調査会社パイクリサーチ社がアジア太平洋地域における商用ビル向けのエネルギー効率化ソリューションに関連する市場動向と将来性について調査した「アジア太平洋地域のエネルギー効率のよい建造物の市場調査:ESCO市場動向、性能保証契約、エネルギー効率化のための改築、グリーンビルディング評価制度、融資構造、市場分析、予測 - Energy Efficient Buildings: Asia Pacific
ESCO Market Dynamics, Performance Contracting, Energy Efficiency Retrofits, Green Building Certifications, Financing Structures, Market Analysis and Forecasts」を出版

東南アジア、インド、中国のほとんどで、経済が急速に拡大しているために、アジア太平洋地域のエネルギー需要は急速に上昇している。同時に、アジアの各国政府と産業界のリーダー各社は、より持続可能でエネルギー効率のいい経済を強く目指しており、そのため大きなエネルギー消費の源である建造物セクターに特に注目している。このような大きな流れに促進されて、商業建造物のエネルギー効率化のソリューションは、アジア地域の企業にとってますます優先順位を高めている。


アジア太平洋地域の省エネサービス企業は、需要に応えて、消費者の建造物の設備やスペースにあう省エネシステムや、採用しやすいサービスを提供している。過去数年間に、ビルオーナーや管理者が、既存の建造物のエネルギー管理を最適化することを支援するなどの、エネルギー効率評価のビジネスモデルが非常に一般的なものになってきた。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「アジア太平洋地域のエネルギー効率のよい建造物の市場調査:ESCO市場動向、性能保証契約、エネルギー効率化のための改築、グリーンビルディング評価制度、融資構造、市場分析、予測 ー Energy Efficient Buildings: Asia Pacific:ESCO Market Dynamics, Performance Contracting, Energy Efficiency Retrofits, Green Building Certifications, Financing Structures, Market Analysis and Forecasts」は、アジア太平洋地域の省エネサービス企業は今後数年間ますます大きく成長し、2009-2016年の年間収益は30億ドルから185億ドルに上昇するだろうと報告している。


【調査レポート】
アジア太平洋地域のエネルギー効率のよい建造物の市場調査:ESCO市場動向、性能保証契約、エネルギー効率化のための改築、グリーンビルディング評価制度、融資構造、市場分析、予測
Energy Efficient Buildings: Asia Pacific
ESCO Market Dynamics, Performance Contracting, Energy Efficiency Retrofits, Green Building Certifications, Financing Structures, Market Analysis and Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。