logo

RFaxis、パワーアンプなみの価格のRFフロンドエンドICで、WLAN RFフロントエンド市場に衝撃を与える

Irvine, CA, Aug 3, 2010 - (JCN Newswire) - 無線および接続性市場向けの革新的な次世代RFソリューションを専門とするファブレス半導体企業のRFaxisは、2.4 GHz WLAN機器向けに設計されたRFX2402 RFフロントエンドIC (RFeIC)の、グローバル大口購入単価を20セントとすることを、本日発表しました。

Irvine, CA, Aug 3, 2010 - (JCN Newswire) - 無線および接続性市場向けの革新的な次世代RFソリューションを専門とするファブレス半導体企業のRFaxisは、2.4 GHz WLAN機器向けに設計されたRFX2402 RFフロントエンドIC (RFeIC)の、グローバル大口購入単価を20セントとすることを、本日発表しました。


「弊社のRF半導体イノベーションにより、最高性能の完全統合シングルチップ/シングルダイWLAN RFeICを、パワーアンプなみの価格で販売できるようになりました。」と、RFaxis社長兼CEOのMike Neshatは述べました。「言い換えれば、パワーアンプ・コンポーネントひとつの値段で、WLAN ODMやOEMは、高効率PA、LNA、スイッチング/マッチング回路、および高調波フィルタが、ひとつのシリコンダイ上に最適に集積された2.4 GHz WLAN RFフロントエンドICチップを購入できるようになりました。弊社の画期的なイノベーションにより、業界経済を変革して収益性を上げ、無線ODM/OEMに真の価値を提供する一助となれることを光栄に感じています。他のWLAN RFフロントエンドソリューションでは、弊社と同等価格で同じ品質性能を提供できません。前に述べたとおり、お客様が高価格RFエンジニアリングやインテグレーションを使用せずにすむよう、この品質性能と価値を、すべてのプラグアンドプレイRFeICに標準化しました。間もなく、5.0 GHz WLAN RFeICに関する素晴らしいニュースを発表する予定です。」


詳しい情報については www.rfaxis.com をご覧ください。


RFaxis, Inc.について
2008年に設立されたRFaxis, Inc.は、米国カリフォルニア州アーバインに本拠を置く企業で、RF半導体およびアンテナソリューションの設計・開発を専門にしています。特許出願中技術により、同社は、何十億米ドルもの規模のBluetooth、WLAN、802.11n/MIMO、ZigBee、WiMAX、およびWHDI市場向けに設計された次世代無線ソリューションで、主導的役割を果しています。自社の革新的アプローチと技術とともに、ピュアCMOSおよびBiCMOS技術を活用して、RFaxisは世界初のRFフロントエンド集積回路 (RFeIC)の拠点となっています。詳しい情報は www.rfaxis.com をご覧ください。


メディア問い合わせ先:
Kevin Mayberry
Lages & Associates
Tel:(949) 453-8080

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。