logo

セラーテム、連結子会社の次世代送電網システム受注に関するお知らせ

株式会社セラーテムテクノロジー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:池田 修)は、連結子会社である北京誠信能環科技有限公司(以下「北京誠信」)が本日、中国の広東電網公司(以下「広東電網」)との間で、広東電網傘下の潮州供電局、河源供電局、掲陽供電局、梅州供電局、清供電局、雲浮供電局が運営する次世代送電網システムに関する受注契約を締結いたしましたことを、下記のとおりお知らせ致します。

1.契約締結の背景及び概要
中国の二大送電網の1つである南方電網有限責任公司は、中国南部へ電力の送電、変電、配電を司る会社で雲南省、貴州省、広西省、広東省、海南省の五省を管轄しており、2009 年度フォーチュン世界500 強企業の185 位にランキングされています。この南方電網の100%子会社である広東電網が中国国内における初の次世代送電網システムの構築を計画しております。この度、北京誠信の省エネIT テクノロジーの実績および経験を高く評価していただいたことで、北京誠信は、広東電網の次世代送電網システムを受注いたしました。

なお、本プロジェクトは広東電網の次世代送電網システム第一期プロジェクトであり、今後も同社の次世代送電網システムの投資が続くことが見込まれます。更に、広東電網の次世代送電網システムは中国の他省の電網公司にとり模範と成り得る重要なプロジェクトであり、本プロジェクトを受注し納入を完了することは、今後の当社グループの中国における省エネビジネスにも大きな意味をもつものと考えております。

2.受注契約内容
名称:広東電網公司次世代送電網システム
事業主(発注者):広東電網公司
契約概要:広東電網傘下の潮州供電局、河源供電局、掲陽供電局、梅州供電局、清供電局、雲浮供電局が運営する次世代送電網システム(営配一体化:GIS 及びIT 技術を駆使した電力販売、電力顧客管理、送電網の運営管理、送電網の信頼性分析管理など送電元からエンドユーザーまでを一体化し管理する総合システム)の構築。
・中低圧電気供給信頼性のオンライン分析システム
・供給信頼性のリアルタイム予測システム、オンライン分析
・分圧(電圧等級ごとの伝送損失分析)、分区(供給行政地域ごとの伝送損失分析)、分線(配電幹線ごとの伝送損失分析)、分台区(配変電ごとの伝送損失分析)の総合分析システム
・自動電気計測、停電、復電のリモートコントロールシステム
・送配電のGIS システム
・送配電プラットフォームシステムなど
契約金額:1,084.86 万人民元(約139 百万円(注))
完了予定時期:2010 年12 月末

3.事業主(発注者)の概要
会 社 名:広東電網公司(南方電網有限責任公司の100%子会社)
事業内容:送電網の投資、運営、電力供給その他関連事業
資 本 金:480 億人民元(約6,134 億円(注))
設 立:2005 年3 月31 日
住 所:中国広州市黄埔大道中146~152 号
(注)人民元の日本円への換算は、2010 年7 月30 日付けの中国外貨管理局による公表換算レートである100 円=7.8256 人民元によります。

4.業績に与える影響
本契約の締結による売上は、当社グループの当期収益に計上する予定であります。今後の業績に与える影響等につきましては、判明次第改めてお知らせ致します。

以 上

■ 本件に関するお問い合わせ先
株式会社セラーテムテクノロジー IR 担当 TEL: 03-6820-0740

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。