logo

キヤノンITソリューションズ、クラウドサービスを支える共通基盤を構築

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:
東京都港区、代表取締役社長:浅田和則、以下キヤノンITS)は、キヤノン
グループが持つドキュメントや会計などの各種ソリューションをクラウド
サービスで提供することを目的に、最新のクラウドコンピューティング技術
を活用したSaaS(Software as a Service)基盤として「ITサービス共通基盤」
を構築します。キヤノンITSは、本年中にSaaS形式の新サービスを順次開始す
る予定です。

キヤノンマーケティングジャパングループは、「中期経営計画」において、
ITソリューション事業を重点戦略として推進しています。今回、この一環と
して、ITソリューション事業推進の中核企業であるキヤノンITSが、そのSaaS
基盤となる「ITサービス共通基盤」を構築します。

「ITサービス共通基盤」の特長は、サーバーやストレージなどを仮想化し、
ITサービスをお客さま向けに容易かつ迅速に提供できる自動化の仕組みを取
り入れていることです。例えば、通常、ITサービスを提供するまでには、
サーバー資源やディスクの割り当て、ネットワークの設定変更、基本OSやミ
ドルウェアの導入、新しいアプリケーション向けの設定など多くの作業と時
間が必要です。しかし、「ITサービス共通基盤」は、これらを全て自動化す
ることにより、迅速にサービスを提供することができる仕組みになっていま
す。

また、ユーザー認証、バックアップ、監視、ポータルサイトなど、サービス
の提供および運用に必要な各種機能も、標準化、自動化されており、さまざ
まなサービスを共通の基盤上で提供できる仕組みになっていることも大きな
特長です。今回構築する「ITサービス共通基盤」は、課金管理やユーザー管
理といったクラウドサービスのビジネス機能や、SOA(Service Oriented
Architecture)技術を採用しアプリケーション間を効率よく相互連携させる
ことにより、さまざまなアプリケーションを共通基盤上で迅速に提供するた
めの柔軟性を兼ね備えています。ユーザー認証についても、複数の多様なデー
タソースを1つのデータベースであるかのように扱いリアルタイムなアクセス
を可能にするフェデレーション機能を取り入れ、単なるパブリッククラウド
サービスの基盤ではなく、外部クラウドサービスとの連携も視野に入れた高
い拡張性を兼ね備えたSaaS基盤となっています。

さらに、今回の「ITサービス共通基盤」では、LAN(Local Area Network)やSAN
(Storage Area Network)などの異なるネットワークを1つの物理ネットワーク
に統合するユニファイド・ファブリックを実現するFCoE (Fibre Channel
over Ethernet)技術を最大限に活用しています。通常、高い入出力のスルー
プットを求められるシステム基盤では、LANとSANのそれぞれのネットワーク
を準備する必要があるため、コストは増大し管理も煩雑になるという課題が
ありましたが、今回の「ITサービス共通基盤」では、FCoE技術を活用するこ
とで、サーバーの入出力インターフェースやネットワーク・スイッチ・ケー
ブルを共通化することができ、安価で高速、かつシンプルな統合ネットワー
ク環境を構築しています。

「ITサービス共通基盤」では、最新のクラウドコンピューティング技術を活
用するため、ハードウェアおよびネットワーク製品として、IBMのブレードサー
バー「IBM BladeCenter(R)」、ストレージの仮想化を実現する「IBM System
Storage SAN Volume Controller」、FCoE技術実装のために、シスコシステム
ズのスイッチングシステム「Cisco Nexus(TM) 7000/5000/4000シリーズ」を
採用しています。また,基盤管理のクラウド運用管理ツールとして、マルチ
ベンダーのIT資源のプロビジョニングを自動化するIBMの「IBM Tivoli(R)
Provisioning Manager」を採用しています。この他、アプリケーションを提
供するためのWebアプリケーションサーバとして、IBMの「WebSphere(R)
Portal Server」、「WebSphere Application Server」を、SOAを実装するた
めにIBMのビジネスプロセス自動化エンジンとしてIBMの「WebSphere
Process Server」、SOAのサービス連携基盤としてIBMの「WebSphere
Enterprise Service Bus」を採用し、クラウドを含めたサービス間の認証連
携(シングル・サインオン)を実現するIBMの「Tivoli Federated Identity
Manager」を採用しています。

なお、本発表に際し、以下のコメントをいただいています。

■日本アイ・ビー・エム株式会社
執行役員 クラウド・コンピューティング事業担当 吉崎 敏文 様

日本アイ・ビー・エム株式会社は、キヤノンITソリューションズ株式会社様
が「ITサービス共通基盤」を活用して提供するSaaS型の新サービスが、お客
様の経営に貢献することを期待しております。今回の新サービスを支える共
通基盤である「ITサービス共通基盤」の構築において、仮想化、自動化、標
準化などの機能を実現するために、IBMのハードウェア、ミドルウェアおよび
サービスが重要な役割を担っていることを嬉しく思います。弊社は、豊富な
クラウド・コンピューティングの経験と実績に基づいたノウハウを活用し、
今後もキヤノンITソリューションズ様のビジネスをご支援していく所存です。

■シスコシステムズ合同会社 副社長 平井 康文 様

シスコは、キヤノンITソリューションズ株式会社様による新クラウドサービ
スを支える「ITサービス共通基盤」の発表を歓迎するとともに、クラウド基
盤サービスを展開するネットワーク基盤にユニファイドファブリック(FCoE)
をサポートするCisco Nexusシリーズをご提供できたことを大変嬉しく思いま
す。ユニファイドファブリック(FCoE)は、IP, サーバーI/Oおよび、ストレー
ジネットワークを統合することで、仮想化とクラウド化が進むお客様のデー
タセンターの大幅な簡素化を実現するもので、投資、運用コストの削減だけ
でなく、消費電力の削減により環境にも配慮しています。今後も、シスコは、
キヤノンITソリューションズ株式会社様とのパートナーシップに基づき、IT
ソリューション事業の推進を支援してまいります。


※IBM、IBM ロゴ、ibm.com、およびBladeCenter、Tivoli、WebSphereは、世
界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標で
す。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である
場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、
リンクをご覧ください。

※Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems,
Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標ま
たは商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標は
それぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語
の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではあ
りません。(0905R)

●一般の方のお問い合わせ先:
基盤ソリューション本部 基盤事業企画部 03-5730-7070

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。