logo

スマート水道メーターの導入は2016年に3100万を上回るだろう

米国の市場調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「スマート水道メータ市場調査:水道事業向け高度検針インフラ市場の成長促進要因、技術、ケーススタディ、主要関連企業、市場予測 - Smart Water Meters:Advanced Metering Infrastructure for Water Utilities: Market Drivers, Technology Issues, Deployment Case Studies, Key Industry Players, and Market Forecasts」のプレスリリースにおいて、世界のスマート水道メータは2009-2016年に520万から3180万に増加するだろう、との予測結果を発表しました。

水不足は、2030年には世界の人口の半数近くに影響を与えるようになる問題である。米国では、この問題はより深刻であり、36の州が2013年までに水不足に見舞われるだろう。同時に、世界の水道施設は効率的に配水するために苦境に立たされている。収益を得ない水は、ポンプで吸い上げて再生し供給される量と、消費者に確実に到達する量に差がある。先進国では、非収益の水は全体の20%程度である場合が多い。途上国では、漏出、盗水、測定技術の劣悪さによって、再生水の50%を失っている。

このような傾向から、世界の水道局は、水道メータとの通信によって水道使用量のデータを集め、水道局も利用者も利用量を把握して節水することのできるスマート水道メータの導入を計画している。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「スマート水道メータ市場調査:水道事業向け高度検針インフラ市場の成長促進要因、技術、ケーススタディ、主要関連企業、市場予測 ー Smart Water Meters:Advanced Metering Infrastructure for Water Utilities: Market Drivers, Technology Issues, Deployment Case Studies, Key Industry Players, and Market Forecasts」は、世界のスマート水道メータは、2009-2016年に520万から3180万に増加するだろうと予測している。予測期間の終わりには、スマート水道メータは、新しい水道メータ全体の31%に上るだろうとパイクリサーチ社は予測している。


【調査レポート】
スマート水道メータ市場調査:水道事業向け高度検針インフラ市場の成長促進要因、技術、ケーススタディ、主要関連企業、市場予測
Smart Water Meters
Advanced Metering Infrastructure for Water Utilities: Market Drivers, Technology Issues, Deployment Case Studies, Key Industry Players, and Market Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。