logo

Sky株式会社 保有特許有償開放のお知らせ『管理者の不当閲覧防止方法及び不当閲覧防止システム、並びに不当閲覧防止プログラム』

Sky株式会社 2010年07月27日 11時22分
From PR TIMES

ソフトウェア開発会社のSky株式会社は、当社が所有している特許のうち「管理者の不当閲覧防止方法及び不当閲覧防止システム、並びに不当閲覧防止プログラム(登録日:2010年5月14日/登録番号:特許第4508207号)」を2010年7月22日より有償にて開放しましたことをお知らせいたします。

<管理者の不当閲覧防止方法及び不当閲覧防止システム、並びに不当閲覧防止プログラム>

登録番号:特許第4508207号

登録日:2010年5月14日

目的:管理者コンピュータによりクライアントコンピュータにおけるユーザの不正操作を監視する機能において、管理者権限を利用した不当な閲覧を的確に防止すること。

概要:管理サーバは、管理者コンピュータのクライアントコンピュータに対する閲覧操作を監視する。不正操作を行っていないクライアントコンピュータに対する管理者コンピュータの閲覧操作を検出した場合、その閲覧時間を算出する。閲覧時間が所定時間を越えた場合、管理者が不正な閲覧を行っているとして所定の警告を予め指定された宛先に送信する。これによって、管理者権限を利用した不当閲覧行為を防止することができる。


<SKYSEA Client View Webサイト 『有償開放特許』>
リンク


<お問い合わせ先>
電子メール:info@skyseaclientview.net
各特許の詳細な技術内容につきましては、メールにてお問合せください。


・当社の特許権と第三者の権利との関係につきましては、当社では一切責任を負いません。
・ライセンスに伴うノウハウ、技術指導や各種条件につきましては、個別にご相談させていただきます。
・有償開放特許一覧におきましては、各特許の内容についてわかりやすさを第一として記載しております。これらの記載は、各特許の権利解釈に影響を与えるものではありません。各特許の権利解釈は個別関連法規に従った解釈が適用されることとなります。


掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。