logo

Bombardier社、カンタス航空にQ400 NextGen 7機を販売

Farnborough, United Kingdom, July 23, 2010 - (JCN Newswire) - Bombardier Aerospace社は、本日、オーストラリアのフラッグ・キャリアのカンタス航空が、Q400 NextGenターボプロップ旅客機を7機、正式発注したことを発表しました。

Farnborough, United Kingdom, July 23, 2010 - (JCN Newswire) - Bombardier Aerospace社は、本日、オーストラリアのフラッグ・キャリアのカンタス航空が、Q400 NextGenターボプロップ旅客機を7機、正式発注したことを発表しました。これらの航空機は、カンタス航空の100%子会社のリージョナル航空会社、QantasLinkにより運航される予定です。


Q400 NextGen航空機の定価に基づいて計算すると、契約金額は約2.18億米ドルになります。


この発注により、QantasLinkにより運航されるQ400およびQ400 NextGen旅客機の数は28に増加しました。同社はまた、Bombardier Dash 8-200 2機、Q200 3機、およびQ300 航空機3機を運航しています。


カンタス航空最高経営責任者のAlan Joyce氏は、Q400 航空機が、QantasLinkのリージョナル路線用主力機材となったと述べました。


「カンタス航空は、過去4年間にBombardier Q400航空機21機に、60億豪ドル以上を投資しました。」と彼は述べました。


「この機は、QantasLinkが運航するのにたいへん適しており、航空会社の顧客に、非常に人気があります。」


「そのため、弊社では、追加7機の購入を決定しました。運航開始は2011年前半の予定です。これらの新しい機材は、次世代Q400航空機で、客室の内装が一新され、頭上収納棚が大きくなっています。」


「カンタス航空は、まさに設計者が意図したとおりのQ400およびQ400 NextGenの展開をしました。」と、Bombardier Commercial Aircraft社社長Gary R. Scottは述べました。「これらの航空機により、ジェット便の置き換えや補完、小型で古いターボプロップの置き換え、新市場への参入、通常のターボプロップの飛行距離以上の路線延長などが行われましたが、そのすべてで、クラス最高の乗り心地とコスト競争力の高い航空機が使われました。」


短距離運航用に最適化された70~80座席のQ400 NextGen航空機は、騒音が少なく燃料効率の高い、大型で高速のターボプロップです。同機は、環境フットプリントを節減しつつ、快適な乗り心地と経済的な運航コストをたいへんバランスよく提供しています。今日発表されたカンタス航空からの発注分を含めると、Bombardier社では、Q400とQ400 NextGen航空機の正式発注を合計385機分受けており、2010年4月30日現在で300機を納機しています。


概要: Bombardier社
同社は革新的な輸送ソリューション分野で世界をリードするメーカーであり、そのソリューションはリージョナル航空機やビジネスジェットから、鉄道輸送設備やシステムおよびサービスにわたっています。Bombardier社はカナダに本社を置くグローバル企業です。2010年1月31日締めの会計年度総収益は194億米ドルで、その株式はトロント証券取引所で取引されています(BBD)。Bombardier社は、Dow Jones Sustainability WorldおよびNorth Americaインデックスの、インデックス構成銘柄として上場しています。Bombardier社に関するニュースおよび情報は www.bombardier.com にあります。


編集者向け注記
カンタス航空のQ400 NextGen航空機の画像は、次のサイトのプレスリリースセクションにあります。 www.aero.bombardier.com
Bombardier、Dash 8、NextGen、Q200、Q300、Q400および Q-Seriesは、Bombardier社とその子会社の登録商標です。


お問合せ先:
Bombardier Aerospace
John Arnone
Tel: +1-416-375-3030
URL: www.bombardier.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。