logo

WiFiによってモバイルテレビの普及が進み、2015年には収益が70万ドルに近づくだろう

英国の市場調査会社ジュニパーリサーチ社は出版レポート「モバイルテレビ市場調査 2010年(第5版):アプリケーション、サービス、ビジネスチャンス、2015年までの予測 - Mobile TV:
Applications, Services & Opportunities, 2010-2015」のプレスリリースにおいてWiFiによるモバイルテレビのトラフィックは2010-2015年に25倍に急増するとの予測結果を発表しました。

3Gネットワークの混雑を緩和する技術が進むものの、専用モバイルテレビネットワークが衰退して、ストリーミングサービスはより一層の容量を要するだろう


英国調査会社ジュニパーリサーチ社の調査レポート「モバイルテレビ市場調査 2010年(第5版):アプリケーション、サービス、ビジネスチャンス、2015年までの予測 - Mobile TV: Applications, Services & Opportunities, 2010-2015」は、無料のWiFiサービスを拡大するアプリケーションの動向が、モバイルテレビ産業を盛り上げており、2015年には収益が70万ドルに近づくだろうと予測している。


WiFiによるモバイルテレビのトラフィックは、ストリームサービスの普及と利用の増加や、スマートフォンの普及によって、2010-2015年に25倍に急増するだろう。しかし、WiFiによってセルラーネットワークの容量は補われるにしても、モバイルテレビの利用の増加は3Gや3.5Gネットワークに負荷をかけるだろう。


調査レポートの著者のWindsor Holden博士は、「ワールドカップにおいて視聴に大きな問題があったように、セルラーネットワークは、ピーク時のモバイルテレビ配信においては高い品質を保てなくない。この問題は、短期的にはWiFiによって改善されるものの、それは部分的な対処にすぎない」と述べている。


この調査レポートは、LTEネットワークの展開は混雑を緩和するだろうとみており、間もなく実施されるVodafone、Orange、O2によるIMBの非対称スペクトル使用のトライアルは、代替手段または補助的な手段となるだろうと報告している。


しかし、ジュニパーリサーチ社は、アナログやデジタルの地上波信号を受信する端末に限界があり、DVB-Hなどの専用モバイル放送技術の見通しに対してあまり楽観してはいない。

【調査レポート】
モバイルテレビ市場調査 2010年(第5版):アプリケーション、サービス、ビジネスチャンス、2015年までの予測
Mobile TV
Applications, Services & Opportunities, 2010-2015
リンク

◆英国市場調査会社 ジュニパーリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。