logo

製造業の炭素管理支出額は2017年に34億ドルに

米国の市場調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「世界の製造分野における炭素管理市場調査:炭素管理ソフトウェアとサービスの市場動向、法規制問題、市場勢力図、市場予測 - Carbon Management in the Global Manufacturing Sector:Market Forces, Regulatory Issues, Competitive Landscape, and Worldwide Forecasts for Carbon Management Software and Services」のプレスリリースにおいて、製造分野の炭素管理市場は今後数年間は約10倍規模の拡大を続けるとの予測結果を発表しました。

2007年に、世界の製造業の二酸化炭素排出は40%を占め、地球温暖化ガスの最大の排出源であった。その結果、炭素管理と削減は世界の多くの国々の製造業において大きな課題となった。


米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「世界の製造分野における炭素管理市場調査:炭素管理ソフトウェアとサービスの市場動向、法規制問題、市場勢力図、市場予測 ー Carbon Management in the Global Manufacturing Sector:Market Forces, Regulatory Issues, Competitive Landscape, and Worldwide Forecasts for Carbon Management Software and Services」は、優先順位が高いことから、2010-2017年の製造メーカーの二酸化炭素管理ソフトウエアとサービスへの支出額は、34億ドルを上回るだろうと報告している。炭素管理産業は、いまだ揺籃期を脱していないが、2009年の製造業の投資額は7500万ドルと概算され、今後数年間は、市場は約10倍規模の拡大を続け、2017年には年額7億4200万ドルに達するだろうとパイクリサーチ社は予測している。


「二酸化炭素管理は、世界の製造メーカーにとっても特に重要で、成長のニーズが高い。地球温暖化ガスの削減についても、製造メーカーは、原材料から生産、配送、製品の廃棄・再生までの、自社のサプライチェーンのあらゆる箇所で、効果的に二酸化炭素の排出と削減をする機会を精査している」とパイクリサーチ社の産業アナリストMarianne Hedin氏は語る。


製造メーカーの二酸化炭素管理の導入は、市場要因と同様に法規制の要因からも促進している。製造メーカーが二酸化炭素排出を削減することに対してインセンティブを提供するように設計された、米国のAdvanced Energy Manufacturing Tax Credit(再生可能エネルギーによる製造業の税額控除)や、英国のCarbon Trust's Energy Efficiency Accelerator(カーボントラストによるエネルギー効率促進)などのイニシアチブはその好例である。世界では、製造メーカーは、小売大手のWal-Mart、Whole Foods、Costcoなどの最終消費者からの、製品の二酸化炭素排出に関するプレッシャーの高まりにさらされている。


この調査レポートは、製造業の視点から見た二酸化炭素管理を調査し、トレンド分析、市場規模、2008-2017年の予測を行っている。製造メーカーに二酸化炭素管理ソリューションを提供している主要なソフトウエアとサービスのベンダの競争環境とプロフィールを記載している。


【調査レポート】
世界の製造分野における炭素管理市場調査:炭素管理ソフトウェアとサービスの市場動向、法規制問題、市場勢力図、市場予測
Carbon Management in the Global Manufacturing Sector
Market Forces, Regulatory Issues, Competitive Landscape, and Worldwide Forecasts for Carbon Management Software and Services
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。