logo

Bombardier CSeries航空機プログラムは、前進を続けます

Farnborough, United Kingdom, July 21, 2010 - (JCN Newswire) - Bombardier Aerospace社は、CSeriesジェット旅客機プログラムが、過去2年間に100~149座席の市場分野で純受注額の50%(i)を獲得したことを、本日発表しました。

Farnborough, United Kingdom, July 21, 2010 - (JCN Newswire) - Bombardier Aerospace社は、CSeriesジェット旅客機プログラムが、過去2年間に100~149座席の市場分野で純受注額の50%(i)を獲得したことを、本日発表しました。このプログラムは、2013年の運航開始に向けて、スケジュールどおり進行しています。


合同定義フェーズから詳細設計フェーズ(DDP)への移行は、2010年早期から実施され、CSeries航空機プログラムは現在、完全にDDPフェーズに入っています。Bombardier社は現在、最初の地上および飛行テスト機の製造および生産のため、設計データセット(図面)のリリースを開始しました。


Bombardier Aerospace社ベルファスト工場では、CSeries航空機複合材料デモ用翼の最終負荷テストを完了しました。このテストでは、運航中に翼が受ける可能性のあるもっとも強い力の150%を無事再現しました。ベルファスト工場は、動翼や高揚力装置など、CSeries機の翼全体の設計・製造・組み立てに責任があります。CSeries機翼の製造は、ベルファストの55,742m2(600,000平方フィート)の新しい専用工場で、2011年初頭に開始される予定です。建設の第1フェーズは、間もなく完了します。


アルミニウム・リチウム胴体テストバレルは、2009年8月に中国からカナダのケベック州サンローランに到着し、60,000回の疲労サイクルを無事完了しました。先進的な胴体テストの結果は、最終的な製品設計の最適化のため、設計チームに使用される予定です。


ONERA F1 (フランス、トゥールーズ)、ETW (ドイツ、ケルン)およびARA (英国ベルファスト)で実施されている開発風洞テストは、現在完了済みで、CSeries航空機の全体的な性能の利点が確認されました。詳細風洞テストは、2010年末まで続行予定で、最終製品用風洞テストは2011年に実施される予定です。


モントリオールから45分のミラベルでのCIASTA (Complete Integrated Aircraft Systems Test Area)の準備も、スケジュールどおり進行しています。CIASTAはシステムテスト統合施設で、仮想CSeriesテスト機が格納される予定です。CIASTAのビル建設は現在完了済みで、テストおよびリグ試験用インフラの設置は、現在進行中です。CIASTAでは、最初のフライトの1年前に、航空機システムの信頼性と機能のテストを行う予定です。また、飛行テスト・プログラム中に、システム・インテグレーションのサポートを続行する予定です。


2010年3月24日に、Bombardier社は、CSeries航空機の胴体を製造する施設の、建設開始を発表しました。これを記念して、中国瀋陽の施設内では定礎式が行われました。21,000㎡ (226,042平方フィート)の施設は、中国国営航空事業体の中国航空工業公司(AVIC)の子会社、瀋陽飛機公司(SAC)によって操業される予定です。SACは、Bombardier CSeries航空機プログラムの主要サプライヤです。


CSeriesジェット旅客機は、同社の言う「業界の流れを変える設計」という目標を満足されるものであり、さらに経済的かつ柔軟(大陸間クラスの飛行距離と短滑走離着陸能力)で乗客指向の航空機を求める航空会社のニーズにも対応します。同機は、2013年の運航開始時点で利用できる最新技術の優位性を活かして、航空会社の収益に貢献します。100~149座席市場分野のために特に設計されている唯一の最新型航空機として、CSeries旅客機は、他に類を見ない環境スコアカードを持つ最新型航空機に欠かせないニーズを満たします。


CSeries航空機の排ガス量は、CO2が20%減(ii)、NOxが50%減(ii)で、飛行時の騒音が4分の1です。大幅なエネルギー節約も提供しており、現在製造されている同じサイズの航空機に比べ、燃料燃焼効率20%増(ii)、キャッシュ運用費15%向上(ii)となっています。そのため、CSeries航空機は、航空会社の持続可能性要件と将来成長に、非常に貢献します。


2008年のファーンバラ航空ショーでCSeries航空機プログラムが発表されて以来、Bombardier社は、ルフトハンザドイツ航空、Lease Corporation International社およびRepublic Airwaysから、CS100航空機合計33機とCS300航空機合計57機の正式発注を受けました。発注内容には、合計90機の追加CSeries航空機オプションも含まれています。


(i)100~149座席の市場分野でのシェアは、2008年7月13日から2010年7月12日までにメーカーによって発表された正式発注の正味件数に基づいて、Bombardier社が計算したものです。
(ii)CSeries航空機は設計フェーズにあります。データと仕様はすべて推定であり、ファミリー戦略・ブランディング・定員数・性能は、設計・製造・認可プロセスの間に変更されることがあります。性能の推定は、北米の運航環境で500海里を飛行した場合に基づいています。


Bombardierについて
同社は革新的な輸送ソリューション分野で世界をリードするメーカーであり、そのソリューションはリージョナル航空機やビジネスジェットから、鉄道輸送設備やシステムおよびサービスにわたっています。Bombardier社はカナダに本社を置くグローバル企業です。2010年1月31日締めの会計年度総収益は194億米ドルで、その株式はトロント証券取引所で取引されています(BBD)。Bombardier社は、Dow Jones Sustainability WorldおよびNorth Americaインデックスの、インデックス構成銘柄として上場しています。Bombardier社に関するニュースおよび情報は www.bombardier.com にあります。


Bombardier・CS100・CS300・CSeriesは、Bombardier社とその子会社の登録商標です。


編集者向け注記
CSeries航空機の画像は、次のサイトのプレスリリースセクションにあります: www.aero.bombardier.com


お問い合わせ先:
Bombardier Aerospace
John Arnone
Tel: +1-416-375-3030
URL: www.bombardier.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。