logo

EMCジャパン、最大24TB容量の低価格NAS 「Iomega StorCenter ix12-300r」を販売開始

NAS用OSの一つ「EMC Lifeline」を搭載

EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:諸星 俊男URL: リンク )は、NAS用のオペレーティング・システム(OS)の一つである「EMC Lifeline」を搭載した最大容量24TBの低価格NAS 「Iomega StorCenter(アイオメガ・ストアセンター)リンク ix12-300r」シリーズの販売開始を発表しました。同製品は、Iomega 製品の販売パートナーである、ダイワボウ情報システム株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:野上 義博)を通じて、本日より提供します。


◆「Iomega StorCenter ix12-300rの主な特長」

「Iomega StorCenter ix12-300r」は、 NAS用OSの一つである「EMC Lifeline」 を搭載した、12ドライブを備えるIomegaブランドのNAS製品です。同製品は、2Uサイズ19インチラックマウント筺体に、最大12基のハードディスクを実装できます。ストレージプールの拡張が可能なため、最小構成のベースモデルから、容量の拡張が可能となります。

Iomega StorCenter ix12-300rのハードディスク構成ごとの販売価格はオープン価格ですが、市場想定価格(税別)は下記の通りです。

-----------------------------------------------------------------------
・Iomega StorCenter ix12-300r 4.0 TB構成 (1.0TB HDD x 4)\598,000-
・Iomega StorCenter ix12-300r 8.0 TB構成 (1.0TB HDD x 8) \717,000-
・Iomega StorCenter ix12-300r 12.0 TB構成 (1.0TB HDD x 12)\836,000-
・Iomega StorCenter ix12-300r 8.0 TB構成 (2.0TB HDD x 4)\748,000-
・Iomega StorCenter ix12-300r 16.0 TB構成 (2.0TB HDD x 8)\986,000-
・Iomega StorCenter ix12-300r 24.0 TB構成 (2.0TB HDD x 12)\1,224,000-
-----------------------------------------------------------------------
「Iomega StorCenter ix12-300r」は、その他、以下のような特長を備えています。

●最大256 LUN、256ホストのiSCSI / NAS (ファイルベース) の共用が可能
●VMware ESX HCL (NFS / iSCSI)、Citirx Xen Server HCL (NFS / iSCSI)、Microsoft Hyper-V (CIFS / iSCSI)などの主要な仮想化システムとMicrosoft Windows Serverの認証済み
●Microsoft Active Directory対応、Microsoft Windows DFS対応、WebDAVプロトコル実装、VLAN対応など、企業ネットワークに対応する機能を実装
●重複除外データバックアップ・ソフトウェア「EMC Avamar」に対応、Avamarエージェントを実装
●2個のホットスワップ電源ユニット、3つのホットスワップクーリングファン、4つのフォルトトレラント対応ギガビットイーサネットポートを備え、冗長化されたハードウェアで高い可用性を実現
●Intel Core2Duo E8400 3.0GHz、DDR2 Memory 2GBを搭載し、ハイパフォーマンスを見込めるハードウェアスペック
●RAIDレベル 0 / 1 / 10 / 5 / 6 対応(ストレージプールごとに設定可能)と、ホットスワップハードディスクの採用により、万全なデータ保護を提供


◆「主な利用用途」

・メイン・ファイルサーバ
「Iomega StorCenter ix12-300r」は、簡単なオペレーションで設定運用できるNASで、高性能・高機能なメインのファイルサーバとして利用できます。また、PC、Mac、Linux/UNIXクライアントやサーバと連携する豊富なプロトコル(CIFS, NFS, AFP, FTP, HTTP/HTTPS, WebDAV)を実装しているだけでなく、iSCSI接続もサポートしているので、高速なブロックレベルでのサーバなどのストレージエリアとしてSANやDASのように利用することも可能です。


・Backup to Disk (B2D) ターゲット
「Iomega StorCenter ix12-300r」は、多くの作業ステップを必要とするテープ・バックアップに代わるシステムをお探しのお客様に、簡素な設定・運用で高速かつ高信頼のバックアップを低価格で実現します。「Iomega StorCenter ix12-300r」は、中堅企業で一般的に利用されているバックアップ・ソフトウェアであるSymantec Backup Exec、EMC Retrospect、Acronis TrueImage、Acronics Backup & Recovery 10等との互換性を確認しています。
※ 2010年5月現在、Iomega Corporationによる英語バージョンでのテスト結果


・仮想化システムのストレージ
主要なサーバ仮想化システムのデータストアとして利用できます。「Iomega StorCenter ix12-300r」は、VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、Citrix XenServerの認証ストレージです。


・Microsoft Exchange 2010
「Iomega StorCenter ix12-300r」では、Exchange2010の機能を利用して、スケールアウト環境を構築することができます。Microsoft ESRP(Exchange Solution Reviewed Program)によるテストでは250ユーザまでの環境に耐えられる結果を得ています。


・製品詳細について
リンク
リンク




◆EMCジャパン株式会社について
EMCジャパンは、あらゆる規模のお客様が、競争優位に立ち、情報からさらなる価値を創出することを可能にするために、情報インフラストラクチャ・テクノロジーとソリューションを開発、提供する世界のリーディング・カンパニーであるEMCコーポレーションの日本法人です。EMCの製品やサービスに関する情報については、以下のWebサイトをご参照ください。
リンク


◆Iomega Coporationについて
1980年創業以来、4億1千万台以上のストレージ機器・メディアの販売実績を持つトータル・ストレージ・ソリューション製品のメーカーでEMC Corporationの完全子会社です。個人、SOHO、SMB、大企業の部門などでご利用いただけるストレージ製品、ファイルサーバ製品をリーズナブルな価格で提供しています。 リンク



≪製品に関することやお客様からのお問合せ先≫
アイオメガ製品サポートセンター
TEL : 03-5281-1440 FAX : 03-5281-2323 
Email: iomega_support@bll.co.jp


≪販売店様からのお問合せ先≫
ダイワボウ情報システム株式会社
下記URLの事業所一覧より、最寄りの支店までお問い合わせ下さい。
リンク


≪報道関係のお問合せ先≫
EMCジャパン株式会社  マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村綾、Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8867(直通)
E-mail: japanpr@emc.com


EMC、Iomegaは、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。