logo

セントラル・ロンドンの主力株に対する海外投資家の取引意欲に、減退傾向は見られず

London, July 19, 2010 - (JCN Newswire) - セントラル・ロンドン商業用不動産市場では、ここ3週間で20億英国ポンド以上が取引され、依然として回復力と海外投資家に対する魅力があることが示されています。

London, July 19, 2010 - (JCN Newswire) - セントラル・ロンドン商業用不動産市場では、ここ3週間で20億英国ポンド以上が取引され、依然として回復力と海外投資家に対する魅力があることが示されています。


セントラル・ロンドンの投資専門コンサルタント会社、Gresham Down Capitalの業務執行社員のPartnersStephen Downは、次のように述べました。「5週間前には、株が余っているという不安がありましたが、その後の買い手側の意欲は非常に高いものでした。」


「米国のオポチュニティファンド、カーライル社は、つい先日、White Towerポートフォリオなど、ロンドンのオフィスビルを6か所購入し、6.70億英国ポンドを支払いました。Gresham Down自体も、三菱地所所有のシティ地区におけるトロフィー・アセットであるボウベルズ・ハウスを、東欧の個人投資家が1.40億英国ポンドで買収したことを、広告で取り上げました。」


Downはまた、投資家グループが、シティにあるゴールドマンサックスのヨーロッパ本社ビル、リバー・コートを、30億英国ポンドで売却することも、広告しました。「今回の件は、この種のトロフィー株が海外投資家にとって魅力的であることを示すよい例です。」とDownは述べました。


「この不動産は、2000年に開発されて以来、同じグループにより所有されてきました。今後15年間も、ゴールドマン・サックスに賃貸される予定です。この物件は最新のグレードAビルで、外国のテナントとの長期リースが決まっています。同じようなビルの最近の賃貸料は1平方フィート当たり50.00英国ポンド以上もするのに比べ、賃貸料は1平方フィート当たりわずか36.00英国ポンドです。つまり、今後3から4年間で、投資家は賃貸料の値上がりの恩恵を受けられるということです。」


Downは、現在の負債不足を考えると、最近の買い手は株を大量に保有していると述べています。しかしリバーコートは、「他の取引と違い、2016年まで固定金利の負債がついており、購入金額の80%に当たり」ます。


シティ・オブ・ロンドンのオフィス賃貸料の上昇率は、ここ3か月で約12%、過去6か月間では24%に達しました。景気悪化による建設業界の崩壊は、シティで始まっています。このため、各テナントは現在、グレードAスペースの供給物件を確保するための入札合戦に巻き込まれており、結果として賃貸料が値上りしています。


最近カタールの投資家が、ナイツブリッジのハロッズを15億英国ポンド以上で、オックスフォード・ストリートの商業・住宅開発施設であるパークハウスを5.00億英国ポンドで買収したことも、ロンドンのトロフィー・アセットに投資先を求めている資金の流れの傾向を示していると、Downは指摘しています。


彼はまた、マレーシア・韓国・中国の投資家も、セントラル・ロンドンの不動産について買収検討を進めている証拠が次々と挙がっていると述べています。「中国人企業家のJoseph Lauが、Tower 42を300英国ポンドで落札したとレポートされましたが、他の多くの極東の投資機関や個人投資家も、市場の流動性と透明性や、英国ポンドの弱さから、ロンドンをターゲットにしていることがわかっています。」


Downは、ロンドンへの投資意欲はこのまま強気で続くと考えていますが、市場参入を検討している投資家にはアドバイスを提供しています。「第一に、クラス最高のものにこだわることです。賃貸料の値上がりで利益が得られるのは、このタイプの物件です。第二に、業績で高い評価を得ているアドバイザーと協業することです。ザンネンながら、仲介業者の数はあまりに多く、経験不足や未経験のどうしようもない投資家が、今は山のようにいます。」


お問い合わせ先:
MJ2
Robert Gibson
0207 259 0503 / 07748 182234


Gresham Down
Stephen Down
0207 065 2670

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。