logo

リサーチパネルエイジア、「2010年夏期休暇に関する日中韓意識調査」を実施

プレスリリース
株式会社リサーチパネルエイジア 
2010年7月15日
-----------------------------
リサーチパネルエイジア、
「2010年夏期休暇に関する日中韓意識調査」を実施
~夏期休暇取得日数は中国人が最も長く、
3カ国共に国内旅行が1番人気~
-----------------------------

日本・中国・韓国のアジア地域におけるオンライン調査パネルの提
供事業を展開する、株式会社リサーチパネルエイジア(東京都渋谷
区、代表取締役:中里 昇吾、以下:RPA)は、日本、中国、韓国に
おいて「2010年夏期休暇に関する意識調査」を実施しました。

【調査経緯】
7月から8月にかけての本格的な夏期休暇シーズンを目前に、日中韓
の夏期休暇に関する意識調査を実施しました。日本人にとっては円
高の状態が続き、中国人にとっては7月から日本への中国人観光ビ
ザの発給要件が大幅に緩和されるなど、海外旅行がしやすい情勢と
なっています。そこで、今年は夏期休暇をどのくらい取得できるの
か、どのように過ごす予定なのかなど、日本、中国、韓国で意識調
査を実施しました。


【調査結果TOPICS】
(1)夏期休暇は「7日以上」と回答した中国人は68.3%であること
に対し、日本人は29.2%、韓国人はわずか4.7%です。
(2)夏期休暇の過ごし方で最も人気があるのは、3カ国とも国内旅
行です。
(3)旅行の計画を立てる際は、3カ国ともインターネットを参考に
する人が半数前後を占めています。


今年夏期休暇を取得できる人は、日本人は64.1%、中国人は74.7%、
韓国人は85.2%で、韓国人がもっと多くなっています。夏期休暇の
取得日数は国ごとに大きな差があり、最も長く取得するのは中国人
で、68.3%が7日以上取得すると回答しています。また、海外旅行
に行きやすい社会情勢であることに対し、3カ国共に夏期休暇は国
内旅行に出かけるという人が最も多く、インターネットの旅行関連
サイトを参考に旅行の計画する人が多いことが分かりました。

【 調査結果概要 】
(1) 中国人は夏期休暇を長期間取得する傾向がある
Q: あなたは、今年の夏期休暇を何日取得する予定ですか。(土日
祝日と前後して取得される場合は、その日数も含めてお答え下さ
い。)(単一回答)

夏期休暇取得予定日数について、中国人は半数以上の68.3%が7日
以上の長期間取得すると回答しており、日本人では29.2%、韓国人
ではわずか4.2%と、中国人は3カ国の中で、最も長く夏期休暇を取
得する傾向にあります。


(2) 3カ国共に、夏期休暇の過ごし方は国内旅行が人気
Q:今年の夏期休暇の過ごし方についてどのような計画を立ててい
ますか。(複数回答可)

日本への中国人観光ビザ発給要件緩和や円高などにより、海外旅行
者数の増加が予想される中、夏期休暇の過ごし方について、3カ国
共に「国内旅行」が最も多く、韓国人においては70%以上が帰省を
含めない国内旅行に出かける回答しています。一方で海外旅行を予
定している人は、3カ国共に少なく、日本人においてはわずか7.8%
と、夏期休暇の過ごし方の中で最も少ない割合となっています。
   

(3) 旅行計画では、3カ国共にインターネットによる情報収集が定着
Q:旅行の具体的な計画を立てる際に参考にするものは何ですか。
(複数回答可)

旅行の具体的な計画を立てる際に、3カ国とも各種インターネット
サイトを参考にする割合が半数前後となっており、インターネット
による情報収集が一般化してきていることが分かります。また、中
国人は日本・韓国に比べて「旅行代理店の窓口」や「知人・友人か
助言」の割合が60%以上と高く、人の意見を直接聞き、旅行の計画
を立てる人が多いことが分かりました。

--------------------------------------------------
■ Research Panel Asia Inc   リンク 
代表取締役:中里 昇吾(なかざと しょうご)
取 締 役:宇佐美 進典(うさみ しんすけ)・佐野 敏毅(さの としき)  
常勤監査役:児玉 裕二(こだま ゆうじ)
所 在 地:東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス4階
設立:2009年10月1日           
資 本 金:2億円(準備金含む)
主要株主:ECナビ100%子会社
事業内容:アジア地域におけるオンライン調査パネルの提供
    (中国パネル「91問問.com」リンク )
-----------------------------
【本件に関するお問合せ】
株式会社ECナビ 広報室:江頭(エトウ) 大西(オオニシ)
TEL:03-5459-3934    FAX:03-5459-4223    
E-mail:pr-info@ecnavi.co.jp
-----------------------------

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。