logo

【若者の写真利用調査】写真投稿先No.1 mixi -限定して公開できる、がポイント-

株式会社ゲイン 2010年07月14日 19時56分
From PR TIMES

若者のデジタル写真利用実態について調査
■若者の間では、写真をデータで保存、ネットで投稿が主流
 撮った写真 現像しない方が多い 8割強
 ネット上に写真を投稿したことがある 44%

■写真を友人に共有するなら mixi 42.4%
 写真共有サイトの選択基準 5割以上が”限定して公開できるから”と回答
 安心感がポイント

■若者にとって写真はコミュニケーション手段
 写真を投稿する理由1位 ”自分の近況を友人に知って欲しい”53.6%

---------------------------------------------------------------------------





株式会社ゲイン(本社:東京都港区、代表:広瀬 篁治)は、全国の15歳~39歳の男女3,130人を対象に、「デジタル写真の利用実態に関する調査」を実施しました。

夏休みに入ると、旅行や外出が増え、写真を撮る機会も増えてきます。
本調査では、デジタル写真の利用実態やネット上に写真を投稿できるサービスの利用動機などについて把握すべくリサーチを行いました。


■調査結果サマリー
(1)撮った写真 現像しない方が多い 8割強
    ネット上に写真を投稿したことがある 44%
  
全国の15歳~39歳の男女3,130人に「写真の保管方法について」聞いたところ、デジタルカメラの場合は78.1%、携帯電話は97.3%もの人が「データで保管する方が多い」もしくは「現像したことがない」と答え、若者の写真の現像離れが明らかになった。
また、「ネット上に写真を投稿したことがあるか」聞いたところ、「したことがある」人は全体の44%にのぼり、「したことが無いが機会があれば利用したい」と答えた人(10%)を含めると半数以上で、ネット上の写真共有サイトの需要は高いことが窺える。


(2)写真を投稿している先1位 SNS 「mixi」
  “友人に限定して公開ができる” 安心感がポイント 半数以上
 
ネット上に写真を投稿したことがある人(900人)に対して「デジタルカメラ、携帯電話で撮影した写真をどのサイトに投稿しているか」聞いたところ、デジタルカメラ1位 mixi(42.4%)、2位 Yahoo!フォト(10.9%)、携帯電話1位 mixi(47.8%)、2位 アメーバブログ(8.3%)といずれもSNSサイト「mixi」の利用が最も高かった。
 
サイトを選んでいる理由としては、「友人や知人に限定して共有や公開ができるから」が53.2%と最も高かった。さらに「写真を投稿する際に何か不安を感じることがあるか」との問いには、約60%が「不安が無い」と答え、その理由として「見ることができる人を限定できるから」と答えた人が64%と多かったことから、写真共有サイトには、閲覧者を限定できる機能が求められていることが分かった。

 デジタルカメラ写真アップ先サイト ランキング
 1位 mixi       42.4%
 2位 Yahoo!フォト 10.9%
 3位 アメーバブログ 6.9%
 4位 FC2ブログ    6.2%
 5位 Facebook     4.2%

 サイト選択理由
 1位 友人や知人に限定して共有や公開ができるから 53.2%
 2位 ブログや日記の記事内容に必要だから 23.9%


 携帯電話写真アップ先サイト ランキング
 1位 mixi       47.8%
 2位 アメーバブログ  8.3%
 3位 FC2ブログ     7.5%
 4位 Yahoo!フォト   5.7%
 5位 モバゲー     2.8%

 サイト選択理由
 1位 友人や知人に限定して共有や公開ができるから 47.1%
 2位 ブログや日記の記事内容に必要だから  36.3%


(3)写真をオンライン上にアップする理由1位
   「自分の近況を友人に知らせるため」 53.6%
   若者にとって写真は思い出を残すためのモノから、コミュニケーション手段に。

 「あなたがオンライン上に写真を投稿している理由はなにか」との問いに、ネット上に写真を投稿したことがある人(900人)の半数以上の53.6%の人が「友人や知人に近況を知らせるため」と答えた。次いで「友人や知人に写真をシェアするため」が19.7%となり、「友人や知人に自慢をしたいから」(2%)をあわせ、75.3%の人が“自分の近況を友人に知らせる”コミュニケーションツールとして、写真を利用していることがわかった。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。