logo

業界初、初期・月額固定費無料の決済代行会社 「PayFree(ペイフリー)」営業開始

株式会社PayFree 2010年07月14日 13時21分
From PR TIMES

株式会社PayFree(ペイフリー)(東京都渋谷区、代表取締役: 佐々木 拓己)は、本日より営業を開始しました。

同社は、世界に2億2,000万の利用者を持つ、世界最大規模のオンライン決済サービスである「PayPal(ペイパル)」を専門に採用、推進する決済代行会社です。初期導入費用、月額固定費を払わずに主要なクレジットカードを決済手段として利用できるため、これまで固定費等が課題になり導入できなかった少額決済や、独自のシステム開発費が課題になり導入できなかった定期課金にも容易に利用できるようになる画期的な仕組みです。インターネット・ショッピングのサイトを立ち上げたいが、コストをかけられない中小規模のサイト運営者や、海外からの利用者もターゲットとするサイト、デジタルグッズやフィギュアなど低額の商材をもつサイトのほか、定期購買や会員管理等、定期課金を利用するサイト運営者等に最適です。
なお、1回の決済価格が1,500円程度に満たない少額決済の場合や、定額課金を導入する場合には、加盟店に月額の固定費が発生することがありますが、定期課金を導入するにあたって通常発生するシステム開発費用は無料で対応できます。

日本のEC市場は、小売市場全体のわずか2-3%のシェアにすぎないと言われる一方、国内および海外との商取引を希望する日本の中小企業は増加傾向にあります。PayFreeでは、PayPalとの連携をもとに、さらに両者のノウハウと技術力を投入し、市場ニーズを先取りするサービスを提供し、日本のEC市場の拡大に貢献していきます。尚、同社は2010年末までに、300社の新規顧客を目指しています。

PayFreeとは
高いセキュリティ性とコストパフォーマンスを強みとするインターネット決済代行会社です。基盤システムに「PayPal」を利用することで、セキュリティの高さを確保しながら、少額決済や定期課金などに対応しているため、通常発生する特別な開発・運用にかかる費用を極限まで抑えます。また、「PayFree」ではECサイトへのシステムの繋ぎ込みからサポート業務まで総合的に行うため、サポートを重視するECサイト運営者にも安心してご利用いただけます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。