logo

カメラ装着可能な手のひらサイズのビデオサーバーCubeデビュー

Teradek社から革新的なフルハイビジョンネットワークストリーミング装置発表

米国Teradek社(本社カリフォルニア)はこれまでもH.264テクノロジーを使用した高性能ビデオサーバー機器を製造販売してまいりましたが、この度ビデオサーバー史上例を見ないコンパクトなサイズながら性能はそのままで屋外でも屋内でも使用可能なビデオサーバーがリリースされました。

Cubeの動作時の消費電力は2.5Wとバッテリ駆動可能でWiFi及び有線(Ethernet)でのストリーミングが可能です。映像・音声入力はHDMIまたはHD-SDIのどちらかを選ぶことができます。モバイルWiFiルーターと組み合わせることにより、これまで簡単にはできなかった屋外でのライブ映像配信システムを低価格で実現することが可能です。H.264映像圧縮テクノロジーにより、フルハイビジョン(1080i60)映像を6Mbps以下で画質を損なうことなく、視聴者にとどけることができます。
 セミナーや塾の映像配信、スポーツイベントのライブ配信といったこれまでのビデオ配信用途だけでなく、業務用途においても、ロケ現場の撮影映像のライブチェックがスタジオで可能になるなどビデオサーバーの可能性を大きく広げることになります。Cubeは2010年8月初旬の量産開始を予定しています。

Cube主要Spec
入力フォーマット:1080p @ 23.98/24/25Hz、1080i @ 50/59.94/60Hz、720p @ 50/59.94/60Hz
ビデオ・オーディオ入力:HDMIまたはHD-SDI/SD-SDI(BNC)どちらかを選択
物理仕様:外形寸法:2.5”W x 3.5”D x .9”H、重量:170g
電源:12V DC入力またはPoE 802.3af。 消費電力:2.5W(Typ)
コーデック:Video:H.264 High Profile Level 4.1、Audio:AAC-LC
ネットワーク:Ethernet 10/100 Base-T、WiFi 802.11n(オプション)
ネットワークプロトコル:TCP/IP, UDP, HTTP, DHCP, NTP, SSL, IGMP
ストリーミング:RTP, RTSP, RTP over HTTP
動作環境:温度 0~50度 湿度:~95%(結露なきこと)

製品及び本ニュースリリースに関するお問い合わせ先
 株式会社メディアトラバース ソリューション開発本部 渡辺 昭一
 〒950-0078 新潟市中央区万代島 5-1 万代島ビル11F 
 TEL:090-4170-0794 (Mobile)
 URL: リンク  E-Mail: info@media-traverse.co.jp
 メディアトラバースはTeradek社の日本国内REPとして活動しています。

Teradek社について
 URL: リンク E-Mail:info@teradek.com

このプレスリリースの付帯情報

Camera Mounted Video Encoder Cube

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

Cube: Teradek社の登録商標です。
PoE: Power Over Ethernet

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。