logo

スマートグリッドアプリケーション

スマートメータ、デマンドレスポンス、分散型発電

産業界で採用されてきた電力インフラの多くが、60年から80年くらい前にできたもので、化石燃料プラントで集中的に発電して、消費する分だけ配電するように設計されていた。しかし、これらのインフラの多くが老朽化しているにもかかわらず、電力需要の増加が続くため、大きなアップグレードをしないでは、現在や今後は、安全で確実な配電の管理は行えなくなっている。さらに、気候変動に関する法規制や再生可能エネルギーに関する法令なども主要な促進要因となって、電力会社は、自社のインフラを、環境に悪い影響を与えないような次世代の電源へとアップグレードしようと取り組んでいる。通常は断続的に発電を行うこれらの再生可能なエネルギー源に対応するために、電力会社は、より正確に計測、モニタリング、管理、機器の分析を行い、適切かつ正確に配電網に統合する必要がある。通常、スマートグリッドとは、このような情報技術と通信による高度化を指している。この調査レポートは、2010-2015年の北米、欧州、アジア太平洋地域などの世界の主要地域のスマートグリッド機器とサービス市場を調査し、スマートメータ導入の状況とそれに関連する投資にも注目している。スマートグリッドに関連する電力流通(送配電)インフラへの投資や、同期フェーザ(synchrophasor)やHAN(ホームエリアネットワーク)通信のチップセットなどの電力会社レベルのスマートグリッド関連の専門部品の利用などの分析と予測も行っている。


【調査レポート】
スマートグリッドアプリケーション:スマートメータ、デマンドレスポンス、分散型発電
Smart Grid Applications
Smart Meters, Demand Response, and Distributed Generation
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。