logo

新しいデバイスが登場しても、様々な要因で遅れるWiMAXの展開

米国の市場調査会社インスタット社は出版レポート「世界のWiMAX市場調査:市場動向、加入者数データ、基地局、ベンダ情報 - Global WiMAX Subscribers, Base Stations, and Revenues」のプレスリリースにおいて世界のWiMAX加入者による収益は、2014年に302億ドルに達するだろう、との予測結果を発表しました。

WiMAXには様々な側面があると、米国調査会社インスタット社は報告している。無線技術は、LTEなどの様々な技術が市場シェアを争って、成長している。しかし、その展開は様々な要因で遅れている。


「WiMAXに機会が訪れると、別の要因が邪魔をする。昨年、データ通信のためにWiMAXを搭載したスマートフォンなどの家電製品が登場したものの、音声は3G無線に戻った。一方、多くの地域で帯域幅オークションが先送りされ、大手デジタル通信企業がWiMAXへの投資を削減し、あるいは撤退した」とインスタット社のアナリストChris Kissel氏は語る。


インスタット社は、下記についても調査した。


●世界のWiMAX加入者数は、2008-2009年に2倍以上に増加し、630万となった
●インドのWiMAX加入者数は2013年に700万に達し、東欧は2014年に1100万となるだろう
●世界のWiMAX加入者による収益は、2014年に302億ドルに達するだろう
●主要なハードウエアベンダは、WiMAX商品開発をやめると発表した


インスタット社の調査レポート「世界のWiMAX市場調査:市場動向、加入者数データ、基地局、ベンダ情報 ー Global WiMAX Subscribers, Base Stations, and Revenues」は、世界のWiMAX市場を調査している。現在のWiMAX採用状況の分析と、2014年までの地域毎の成長予測、出荷数毎の基地局数の予測、市場全体の収益と地域毎の収益、Airspan, Alvarion、Aviat Networks、Huawei(華為技術)、モトローラ、三星、ZTEなどの主要なインフラ機器メーカー毎の製品の差別化要因と主要な採用ウインなどを記載している。

【調査レポート】
世界のWiMAX市場調査:市場動向、加入者数データ、基地局、ベンダ情報
Global WiMAX Subscribers, Base Stations, and Revenues
リンク

◆米国市場調査会社 インスタット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。