logo

世界の脱塩プラントへの投資は2016年に倍増

米国の市場調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「脱塩技術の市場調査:世界の需要促進要因、技術問題、市場勢力図、市場予測 - Desalination Technology Markets
Global Demand Drivers, Technology Issues, Competitive Landscape, and Market Forecasts」のプレスリリースにおいて世界の脱塩に対する投資は、世界で2010-2016年に83億ドルから166億ドルに倍増し、同期間の累積投資額は878億ドルとなるだろう、との予測結果を発表しました。

水不足、人口の増加、経済成長、水質汚染、都市化などの要因はすべて、世界の淡水資源への圧力を高めている。製造業、農業、生活利用の淡水への需給のギャップは、急速に拡大している。同時に、脱塩淡水化のコストは急速に下落し、世界の淡水需要に見合うレベルにまで届きつつある。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「脱塩技術の市場調査:世界の需要促進要因、技術問題、市場勢力図、市場予測 - Desalination Technology Markets:Global Demand Drivers, Technology Issues, Competitive Landscape, and Market Forecasts」は、これらのすべての要因が今後数年間の脱塩技術市場の成長を促進し、脱塩に対する投資は、世界で2010-2016年に83億ドルから166億ドルに倍増し、この期間の累積投資額は878億ドルとなるだろうと報告している。


「過去10年間に合併や買収が盛んに行われたにもかかわらず、脱塩プラントサプライヤ市場は、非常に分裂している。2007-2009年の上位5社のサプライヤの合計は市場の25%でしかない。ますます重要な脱塩技術として採用が進んでいる逆浸透膜(RO膜、Reverse Osmosis Membrane)には、参入しやすくなってきている」と常務のClint Wheelock氏は語る。


しかしそれとは対照的に、主要な脱塩コンポーネント市場ははるかに集中しているとも、Wheelock氏は指摘している。例えば、RO膜市場の65%以上が、主要3社に占められている。高圧ポンプの市場とエネルギー回収装置も、非常に集中している。パイクリサーチ社の分析は、このような競争的な動向は、急速に成長する世界の脱塩市場が成長し続けるためにも極めて重要であると指摘している。


【調査レポート】
脱塩技術の市場調査:世界の需要促進要因、技術問題、市場勢力図、市場予測
Desalination Technology Markets
Global Demand Drivers, Technology Issues, Competitive Landscape, and Market Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。