logo

プライベートクラウドサービスが可能なFatWireパートナーを発表

プライベートクラウドサービスが可能なFatWireパートナーを発表


FatWire株式会社はエンタープライズ向けWeb CMSであるFatWire Web CMSを「プライベートクラウド」でハードウェア、データベース、ミドルウェアなどと合わせて運用し、顧客へFatWire Web CMSを「サービスとして提供する」ことが可能なFatWireパートナーを発表しました。


FatWireパートナーが行う「プライベートクラウド」とは、顧客はFatWire Web CMSの「使用許諾権」を持ち、月額使用料等を支払いサービスとしてFatWire Web CMSを利用する方式で、FatWireパートナーはデータセンターなどにハード、データベース、ミドルウェア、FatWire Web CMSをサービスを提供する顧客毎に揃え、顧客のニーズに合わせたカスタマイズを行ない、保守、メンテナンス、運用などを行うものです。


SFDCやGmailなどの「パブリッククラウド」と違い、「プライベートクラウド」は顧客毎にハード、ソフトが用意され、その顧客に限定したサービスを提供することで、強固なセキュリティーで自社のコンテンツ資産を活用し、運用コストなどの削減を図ることができます。

 
※FatWire Web CMSのプライベートクラウドサービスを提供するFatWireパートナー
 (サービス内容は各社にお問い合わせください)



 株式会社CSKシステムズ
 リンク


 キノトロープスリーイント株式会社
 リンク


 株式会社インターロジックス
 リンク


 トライベック・ストラテジー株式会社
 リンク


 株式会社ジークス
 リンク 



※FatWireはWeb CMSの3つの価格モデルを発表
 リンク


 FatWire株式会社
 リンク


 お問い合わせ
 リンク
 

関連情報
http://cms.fatwire.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。