logo

Titus Labs、Metadata Security(TM) for SharePointの最新リリースで、SharePoint 2010をサポートすることを発表

Ottawa, Ontario, July 9, 2010 - (JCN Newswire) - 電子メールおよび文書用セキュリティおよびコンプライアンスソリューションの大手プロバイダ、Titus Labsは、Microsoft SharePoint 2010をサポートするLabs Metadata Security for SharePointの最新バージョンを、本日リリースしました。

Ottawa, Ontario, July 9, 2010 - (JCN Newswire) - 電子メールおよび文書用セキュリティおよびコンプライアンスソリューションの大手プロバイダ、Titus Labsは、Microsoft SharePoint 2010をサポートするLabs Metadata Security for SharePointの最新バージョンを、本日リリースしました。


Titus Labs Metadata Security for SharePointは、企業・団体にSharePoint情報の追加レイヤーを提供します。このソリューションにより、管理者は、どんな文書タイプまたはアイテムも保護でき、メタデータプロパティをベースにしたSharePointや、SharePointコンテンツタイプへのアクセス制限ができます。Metadata Security for SharePointは、機密情報のアイテムレベルでのセキュリティ許可設定プロセスを自動化します。


「わずか1年前にMetadata Security for SharePointの最初のリリースを行って以来、この製品はたいへんな伸びを見せました。多くの企業が、SharePointの文書を保護する簡単なソリューションを探しています。」と、Titus Labs製品管理担当VPのCharlie Pulferは述べました。「このリリースでは、お客様はこの製品をMicrosoft SharePoint 2010と一緒に使用できます。」


Titus Labs Metadata Security for SharePointには、多くのメリットがありますが、その主なものは以下のとおりです。
- 文書のメタデータプロパティまたはコンテンツタイプをベースにしたセキュリティ許可の自動適用。これにより、文書ごとのセキュリティ設定が非常に楽になります。
- 文書ライブラリとリストの両方のための、メタデータセキュリティのサポート。
- アクティブディレクトリ・プロパティをベースに、ユーザーまたはグループに許可を割り振ることが可能。
- カラムからユーザーおよびグループの名前を読み取り、アイテム許可にポピュレートする機能を提供していますので、特定の人やグループへの許可を簡単に管理できます。


「エンタプライズ・コラボレーションおよび生産性向上ツールは、非常に重要なビジネスニーズに対応しています。つまり、社内外の人々の間の情報共有プラットフォームへのニーズです。」と、Gartner Research社VPでガートナーフェローのNeil MacDonald氏は述べました。「しかし、多くの展開事例では、セキュリティの影響を深く考えずに設定がされてきました。また、他の事例では、非常に基本的なガイドラインだけが守られていて、情報を見る必要がない人にまで公開されていることがよくありました。」


「Titus Labs Metadata Security for SharePointソリューションには、効率的なSharePointサイトの設計ができる柔軟性があります。」と、B.F. Saul Company技術イニシアチブコントローラのMark E. Jenningsは述べました。「Titus Labsソリューションを使用する前には、追加文書ライブラリを作成するしか、セキュリティ管理の方法はありませんでした。このため、サイトをシンプルで使いやすいものにしておくことは、非常に難しかったのです。Titus Labsソリューションにより、追加文書ライブラリを作成せずに、セキュリティ管理をメタデータレベルで行えるようになりました。」


Titus Labsについて
Titus Labsは、電子メールおよび文書のセキュリティとコンプライアンスソリューションを提供している大手企業で、企業がポリシーとコンプライアンス要件に対応しつつ、情報セキュリティ共有を行う支援をしています。弊社のソリューションでは、軍隊、政府、および大企業が、情報の機密性に関してエンドユーザに視覚的な警告を行い、意識向上と規制コンプライアンス対応ができるようにします。Titus Labs Message Classification (Outlook、OWAおよびWindows Mobile向けの主導的なメッセージ分類およびラベリングソリューション)、Titus Labs Document Classification (Microsoft Office文書向けの優れた文書分類およびラベリングソリューション)、Microsoft SharePoint向け分類およびセキュリティソリューションのTitus Labsファミリなどのソリューションは、SharePoint文書ライブラリやリストを使用する企業・団体向けに、セキュリティ、文書ラベリング、自動PDF変換、およびOffice 2007書式変換を提供しています。ダウコーニング社、NATO、オーストラリア国防省、および米国退役軍人局など、世界各国で200社以上のお客様を持つTitus Labs社のソリューションは、全世界で100万以上のユーザーに展開されています。Titus Labsとソフトウェアソリューションについての詳しい情報は www.titus-labs.com をご覧ください。


このプレスリリースに関連する動画の表示は、次のリンクをご覧ください。
リンク


お問い合わせ先:
Nicole Baker
Titus Labs社PRマネージャー
Tel: 613-820-5111 内線155
Mobile: 613-862-4316
Email: nicole.baker@titus-labs.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。