logo

Infoamatia Marketplaceを開設 ―コミュニティで開発された50を超える高品質ソリューションが利用可能―

米国カリフォルニア州レッドウッドシティ発 - 2010年6月22日 - データ
インテグレーションソリューションにおける独立系リーディングプロバイダー
Informatica Corporation(本社: 米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、
NASDAQ: INFA、以下「インフォマティカ」)は本日、「Informatica Marketplace」
を開設したと発表しました。アプリケーションの提供側とそれらを利用する
ユーザーを結ぶこのマーケットプレイスは、10万人以上のアクティブ ユーザー
で構成されたオープンで総合的なエコシステムとして、データ統合ソリュー
ションの共有を実現します。

Informatica Marketplaceにより、インフォマティカ ユーザーは展開に伴う
コストをさらに削減しながら、市場投入に要する期間を短縮することが可能
になります。また、あらかじめ構築済みのコンポーネントを利用することで、
手作業によるコーディングの必要なしにコミュニティの知識を活用し、個々
の要件に合わせたデータ統合ソリューションを提供できるようになります。

Informatica Marketplaceはベンダー、パートナー、個人の開発者が資産や
ソリューションの売買を行う場を提供します。これらの資産やソリューション
は「Block」(ブロック)と呼ばれ、オンプレミス(自社運用型)環境、または
クラウド環境向けとして開発されています。これらのブロックには、データ
モデル、マッピング、マップレット、ツール、ユーティリティ、パッケージ
サービス、メソドロジ(方法論)、ホワイトペーパー、コネクタおよび他の
様々な役立つリソースが含まれています。ユーザーは、それぞれの業界
に特化したソリューションやプラットフォーム用のブロックを参照することが
可能になっています。

現在Informatica Marketplaceには、次のようなブロックが公開されて
います。
・ AnalytixDS Mapping Manager
・ Appfluent Visibility
・ Cisco Tidal Enterprise Scheduler
・ インフォマティカ - 付加価値ブロックおよびクラウド サービス
・ インターフェイス開発パラメータ ウィザード

インフォマティカ認定ソリューション
すべてのブロックは、Informatica Marketplaceに公開される前に、その品質
と価値が評価されることになります。ライフサイクル テストおよびInformatica
Global Customer Support(グローバル カスタマサポート)部門による最長
30日間の検証を経て「認定」されたサードパーティ ブロックのみが、
Informatica Marketplaceに公開されます。

Informatica Marketplaceのソリューションは、エンタープライズ データ統合、
データ品質管理、B2Bデータ交換、アプリケーション情報ライフサイクル管理、
CEP(複合イベント処理) 、クラウドデータ統合、ウルトラ メッセージング
(Ultra Messaging)、マスタデータ管理(MDM)の8つのテクノロジ カテゴリに
分類されています。開発者はこれらのテクノロジを基盤に、データ統合および
データ品質管理の再利用可能なカスタム ブロックを構築し配布できます。

Informatica Marketplaceのメリット
Informatica Marketplaceには数多くのメリットがありますが、そのひとつは
ユーザーが事前構築済みのソリューションやカスタマイズされたソリューション
を簡単に見つけ、購入できる点です。ブロックが見つからない場合は、ニーズ
に合わせたソリューションの構築やカスタマイズをリクエストできます。

他にも、ユーザーには次のようなメリットがあります。
・ ソリューションがあらかじめ構築されているので、短期間で市場投入が
可能
・ サポートを提供できる開発者/ベンダーのコミュニティへアクセス可能
・ 新しいソリューションに関する情報の入手と可視性の向上
・ 入札形式でソリューションを依頼することによる能力向上の実現

一方、ベンダー側は既存の顧客ベースに向けた革新的なコンポーネントと
ソリューションを開発・提供できるとともに、次のようなメリットがあります。
・ 世界100か国以上、10万のインフォマティカ ユーザーで構成されている
コミュニティへのアクセス
・ 販売およびマーケティング可能な範囲の拡大
・ インフォマティカのマーケティング活動を通じたInformatica Marketplace
の促進による可視性の向上
・ インフォマティカはInformatica Marketplaceからの収益をさらに開発へ
再投資することで成長と発展を促進

マーケットプレイス コンテスト
現在インフォマティカは、Informatica Marketplaceに関心のあるすべての団体
を対象に、新しいブロック開発のコンテストを実施しています。このコンテストの
締切は7月30日で、「Grand Prize」(最優秀賞)受賞者は2010年11月2日から
4日に米国ワシントンD.C.で行われるInformatica Worldに招待されます(費用
はインフォマティカが全額負担)。Informatica Worldでは、メインステージに
おいて実際にブロックのデモを行えるとともに、Informatica Marketplaceサイト
で3か月間の特別プロモーションを利用いただけます。
Informatica Marketplace コンテストの新規登録はこちらから:
リンク

「当社は "データ統合" の分野を創出し、常に一貫してこの市場の発展に
取り組んできました。本日、お客様が直面している様々な課題に応える
Informatica Marketplaceを提供することで、あらためて当社のリーダー
シップを明らかにしました。Informatica Marketplaceの管理者として、また
データ統合における独立したリーダーとして、当社は責任を持って、共通
の目的と利益を基盤にソリューションの提供者とユーザーの皆様をひとつ
に結び付けます。非常に幅広いデータ統合ソリューションのポートフォリオ
を用意しているInformatica Marketplaceは、お客様が求めるデータ統合
ソリューションを手にするための場を提供します」
-- トニー・ヤング、インフォマティカCIO(最高情報責任者)


○Informatica Marketplace(英語):
リンク

○インフォマティカ社CIOトニー・ヤングによるInformatica Marketplace
のデモ動画(英語):リンク


インフォマティカ社について
Informatica Corporation (NASDAQ: INFA) はデータ インテグレーション
ソフトウェアおよびサービスにおける世界No.1独立系プロバイダーの1社
です。今日のグローバルな情報経済環境において、世界中の企業が
タイムリーで信頼できる最適なデータによって、最も重要なビジネスニーズ
を満たし、競合優位性を手にしています。現在、インフォマティカのソリュー
ションは世界4,000社を超える企業において、企業内やクラウド等の企業外
に保有する既存情報資産へのアクセスや統合の実現に活用されています。
インフォマティカに関する詳細はインフォマティカ・ジャパン株式会社
(代表 03-5229-7211)までお問い合わせいただくか、弊社 Web サイト
リンク をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。