logo

ケーブルオペレータはモバイル無線バックホールで成功するだろう

米国の市場調査会社ヴィサントストラテジーズ社は出版レポート「米国のモバイル無線バックホール調査 2011年版:動向、市場データ、ケーブル事業者の参入 - US MOBILE WIRELESS BACKHAUL 2011:Cable joins Copper, Fiber and Microwave to Meet Edge and Middle Network Needs」のプレスリリースにおいて、2015年までにケーブルオペレータは年間サービス収益が30億ドルを上回るだろうとの予測結果を発表しました。

モバイル無線オペレータは、今後数年間、ケーブルオペレータのバックホールソリューションの利用を拡大し続けるだろうと、米国の調査会社ヴィサントストラテジーズ社の調査レポート「米国のモバイル無線バックホール調査 2011年版:市場動向、市場データ、ケーブル事業者の参入 ー US MOBILE WIRELESS BACKHAUL 2011:Cable joins Copper, Fiber and Microwave to Meet Edge and Middle Network Needs」は報告している。米国のモバイル無線オペレータは、3.5Gや4Gシステムへのアップグレードを進めているが、その際、ネットワークのエッジや中間のネットワークエレメント間のバックホール容量を増やす必要があり、そのためには多くのケーブルオペレータが都市圏や利用の多い郊外地域で採用している光ファイバー設備が最適である。


「現在、バックホールには、光ファイバと銅線、マイクロ波技術の有効な組合せが用いられている。しかし、モバイル無線オペレータは、より高い容量のバックホールを急速に必要としている場合がある。ケーブルオペレータは、すぐにも必要なネットワークのエッジと、近い将来必要となるネットワークの中間の両方の場合に、バックホールを提供することができる」と、ヴィサントストラテジーズ社のAndy Fuertes氏は語る。


この調査レポートは、モバイル無線バックホール市場におけるケーブルオペレータのシェアは、2016年までに5倍以上成長するだろうと予測している。2015年までに、ケーブルオペレータは、年間サービス収益が30億ドルを上回るだろうと、この調査レポートは報告している。

【調査レポート】
米国のモバイル無線バックホール調査 2011年版:動向、市場データ、ケーブル事業者の参入
US MOBILE WIRELESS BACKHAUL 2011:Cable joins Copper, Fiber and Microwave to Meet Edge and Middle Network Needs
リンク

◆米国市場調査会社 ヴィサントストラテジーズ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。