logo

SunGard Global Networkが顧客向け市場接続とルーティングに関するサービスを拡大

Tokyo, July 7, 2010 - (JCN Newswire) - 2010年6月1日、ロンドンおよびニューヨーク発―サンガードは、株式、上場デリバティブ、および債券を対象とする注文送信用グローバル・ネットワーク・ソリューションに係る3つのシステムを統合し、SunGard Global Networkを構築することによって、お客様がアクセス可能な取引所と市場の数をほぼ倍増させる見込みです。

Tokyo, July 7, 2010 - (JCN Newswire) - 2010年6月1日、ロンドンおよびニューヨーク発―サンガードは、株式、上場デリバティブ、および債券を対象とする注文送信用グローバル・ネットワーク・ソリューションに係る3つのシステムを統合し、SunGard Global Network(SGN)を構築することによって、お客様がアクセス可能な取引所と市場の数をほぼ倍増させる見込みです。現在、サンガードは、地域とアセット・クラス毎に、各種金融商品に対応する3つの独立したソリューションを展開し、市場接続とルーティング機能を提供しています。これには、米国を対象とするSunGard Transaction NetworkとBNet、さらに、欧州、アジア、中南米など対象範囲の幅広いGLNetが含まれます。GLNetはGL Tradeが確立したネットワークで、同社は2008年にサンガードに買収され現在はサンガードのグローバル・トレーディング事業部門となっています。各ネットワークのお客様はアクセス可能な取引所と市場が拡大し、グローバルな成長戦略を推進することが可能となります。


リサーチ/コンサルティング会社であるAite Groupのリサーチ・ディレクター、アダム・オノレ(Adam Honore)氏のコメントです。「新しいアセット・クラスや新たな地域での取引意欲は引き続き増大していますが、一方で多くの投資会社にとって、依然として新たな市場への接続能力が大きな障壁となっています。投資会社が、新しい機会を活用するための最短経路を追及するためには、強力なトレーディング・ネットワークの後押しが必要不可欠です。」


KBC SecuritiesのITオペレーション担当責任者、ピーター・スクワイア(Peter Squire)氏のコメントです。「世界中の110を超える市場に提供されているGL NetのDMAサービスは、当社がさまざまなアセット・クラスや各地域に事業を拡張するうえで、助けとなっています。今後、SunGard Global Networkが切り開く幅広い可能性について前向きに検討したいと考えています。」


SunGard Global Networkは、多様なアセット・クラスを対象とする複数のチャネルで構成されており、これにはSGN Securities、SGN Funds、SGN Short-term Cash Managementが含まれます。


SGN Securitiesは、BNet、GLNet、およびSTN Securitiesの各ネットワークを統合し、1,600社以上のバイサイドの機関投資家を、500社を超えるブローカーと110を上回るグローバル市場にリンクします。SGN Securitiesによって、お客様は新たな市場で金融商品を取引する際の固有の特性に対応し、ビジネスをグローバル規模で拡大しつつ、市場への適応に要する期間を短縮することができます。


SGN Securitiesは、ネットワーク接続機能だけでなく、メッセージの確認、正規化、エンリッチメント、および変換など、各種のトレーディング・サービスも提供します。このようなサービスにより、メッセージ・プロトコルの変更、OMS/EMSの導入および新機能の要件対応に伴って生じる初期の負担や継続的負担から解放されます。また、お客様はリアルタイムの相場情報サービス、ASPベースの市場接続性、およびFIX接続の要件に対応する管理委託型サービスにアクセスが可能です。SGN Securitiesは、大容量に対応し、低レーテンシーで高セキュリティのリンクを基盤として、全世界の主要な金融センターに導入された約30のネットワーク・ハブを接続します。


SGN Short-Term Cash Management(旧名:STN Money Markets)は、マネー・マーケット・ファンドと現金同等物の調査、分析、売買、監視、報告を支援するソリューションであり、200を超える投資オプションに対応しています。SGN Funds(旧名: STN Funds)は、投資家と仲介業者を全世界のミューチュアルファンドに結び付けます。


サンガードのトレーディング部門戦略担当シニア・バイス・プレジデント、マーク・フォルカー(Mark Volker)のコメントです。「新しい金融商品や取引所の出現、変化する投資戦略、そして規制変更が、世界中の金融サービス会社の既存のビジネスプロセスに課題を突き付けています。SGNは、お客様の成長戦略を促進するうえで役立つ高性能の接続機能と、複数のアセット・クラスに対応するトレーディング・サービスを提供することによって、SGNのユーザがそのような難題を克服できるよう支援しています。」


SunGard Global Networkについて
売買の自動化および接続用ソリューションとして、SunGard Global Network(SGN)は、金融サービス・バリューチェーンによって機関投資家を結び付け、株式、債券、上場デリバティブ、ミューチュアルファンド、マネー・マーケット・ファンド、およびその他の現金同等物を対象とするサービスを提供します。SunGard Global Networkによって、注文執行からポストトレード処理まで、全トレード・ライフサイクルの自動化を支援します。本ネットワークによって、世界中、110市場に対するアクセスを提供し、2,000社を超えるアセット・マネージャー、および500社を超えるブローカーとの接続を含め、バイサイド、第三者ネットワーク、ブローカー/ディーラーさらに投資会社を接続します。また、SGNの国際的な接続ハブも、全世界の市場による相場情報を低レーテンシーで配信する機能をサポートしています。


サンガード(SunGard)社について
サンガードは世界有数のソフトウェア/ITサービス会社です。サンガードは、20,000人を超える従業員を擁し、顧客数は70か国にわたる25,000社に上ります。サンガードは、金融サービス、高等教育機関、および公共部門に向けてソフトウェアとプロセッシング・ソリューションを提供しているほか、ディザスタ・リカバリ・サービス(障害復旧サービス)、IT運用管理サービス、情報可用性(IA)コンサルティング・サービス、事業継続管理ソフトウェアを提供しています。年間売上高は50億ドルを上回り、サンガードは、Fortune 500の380位にランクされており、非上場企業としては最大の業務用ソフトウェア/ITサービス会社です。詳細は: www.sungard.com


米国とカナダで提供されているSGN Brokerage Servicesは、SunGard Institutional Brokerage Inc.(FINRA/SIPCメンバー)によって提供されています。


欧州、中東、アフリカ、アジア太平洋の各地域で広く提供されているSGN Brokerage Servicesは、SunGard Global Execution Services Limitedによって提供されています。同社は英国金融サービス機構(FSA: Financial Services Authority)の認可と規制を受けています(No. 469919)。イングランドおよびウェールズで法人化および登記されており(No. 3127109)、登記上の法人所在地は25 Canada Square, London E14 5LQです。


SunGard Global Execution Services Limited(ARBN No. 132 508 742)は、Australia Securities & Investments Commission Class Order 03/1099の下で営業免許取得を免除されており、オーストラリアの法令と異なる英国の法令の下で英国金融サービス機構(FSA)によって規制されています。


このリリースに関するお問合せ:
サンガードジャパン 広報担当
Tel:03-3237-7769
Email:info.japan@sungard.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。