logo

神戸物産、全国530店舗のFC店舗を支える売上管理にDr.Sum EAを導入

情報の一元化と迅速な意思決定を支援

 Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:内野弘幸、以下 ウイングアーク テクノロジーズ)は、業務用食材販売店「業務スーパー」を全国で展開する株式会社神戸物産(本社:兵庫県加古郡、以下 神戸物産)が、全国530店舗(2010年6月末現在)のフランチャイズ店舖(FC店)の売上管理と情報の一元化をはかるため、売上データ分析の高速化を目的としたシステムの構築にあたって、データ活用ソリューション「Dr.Sum EA」および「Dr.Sum EA Datalizer for Web」「Dr.Sum EA Datalizer MotionChart」を採用したことをお知らせいたします。


 神戸物産で取り扱う商品数は約5000~6000種類、過去の商品も含めると数万件に及ぶ商品のPOSデータや仕入れデータ、売上データ、各種マスターデータが基幹システムに蓄積されており、“どの商品が、どこで、どれだけ売れているか”を迅速に把握することが非常に困難な作業でした。このため、現場の利用部門担当者から依頼された帳票を作成するために、時間とコストを要する状態でした。
 そこで、2009年5月、売上データ分析の高速化を目的に、データ活用システムの検討を開始し、いくつかの製品を比較検討した結果、「大量データを高速に処理できる性能」「操作のしやすさ」を評価しDr.Sum EA を採用することを決定しました。

 
 2009年9月にシステム開発を開始し、同年11月に売上データの分析業務がスタートしました。この度構築したシステムは、基幹システムから夜間バッチにより必要な出荷データを抽出しDr.Sum EAに登録する仕組みで、過去2年分約7200万件の出荷データが保存されています。主に、商品開発管理部門やFC事業部門を対象に、商品別の月別、日別や温度帯別、業者別の売上分析、店舗別の月別、日別の売上などに活用されています。Dr.Sum EAをベースにしたデータ分析システムによって、“どの商品がどの地域でどれだけ売れたか”“関連工場で製造した商品が各店舗にどれだけ出荷されているか”といった状況を迅速に把握できるようになりました。担当者が、社内外から自由にデータ分析できるようになったほか、「Dr.Sum EA Datalizer MotionChart」を使用して、分析結果を容易にグラフ化することができるようになりました。加えて、以前は月次処理でしか出力できなかったレポートが、日次処理で閲覧できるようになり、Dr.Sum EAによるデータ活用が、迅速な意思決定を支援しています。


 現在では約70の定義ファイルを使用して、データ分析の要望に応えています。また、FC店舗やエリア別の前年対比など、経営層自らが日々のデータ分析を行える環境が整いました。神戸物産は今後、利用者別、業務別に整理し、利用者の職種に応じたアクセス権限を付与して、段階的な全社展開を計画しています。


「Dr.Sum EA導入事例」詳細については以下URLをご参照ください。
 リンク 


[神戸物産について] リンク
 業務用食材の販売を行う「業務スーパー」のフランチャイズ展開を中心に、キャッシュ&キャリーの店舗運営、原材料の調達から生産、管理、貿易、配荷、販売までを自社で行う「製販一体」の仕組みによる商品供給、海外投資業務などを展開。北海道・エジプトの自社農園で農作物を栽培、国内にある11個所の自社工場と海外にある約140 個所の自社工場と協力工場にて、独自の成分表や工程表で商品を開発・製造し、「製販一体企業」として、完全に差別化された価値観の高い商品をベストプライスで提供。キャッシュ&キャリーの形式を取り入れ、新しい時代のローコスト体制によるサプライチェーンマネジメントを確立している。


[ウイングアーク テクノロジーズについて]
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サービス、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザーインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「StraForm」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化


[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2009年11月
(※2009年11月2日、ウイングアーク テクノロジーズ株式会社は、持株会社体制に移行しました)
資本金:1億円
売上高:77億円(2010年2月期)
(※持株会社化以前のウイングアーク テクノロジーズ株式会社の売上を含む)
従業員数:175名(2010年2月28日現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL:リンク


※「Twitter」をはじめました。 リンク
 ウイングアークの「わっとちゃん」が日々の出来事をつぶやいております。お時間ある時に、ぜひご覧下さい。どうぞ宜しくお願い致します。


<製品・サービス関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
〒150-0044 東京都渋谷区円山町28-5 1st渋谷ビル
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  
E-mail:drsum@wingarc.co.jp
Web:リンク


※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。