logo

米国行政向けのモバイルソリューションは2011年に不況の前のレベルに回復

米国の市場調査会社VDCリサーチグループは出版レポート「企業向けモバイルソリューション 2009年 - トラック2 需要別垂直市場分析 - ENTERPRISE MOBILITY SOLUTIONS, 2009
TRACK 2: VERTICAL MARKET REPORTS WITH DEMAND CURVES」のプレスリリースにおいて、行政向けのモバイルソリューションは2009-2010年に10%上昇して36億ドルになるとの予測結果を発表しました。

米国の調査会社VDCリサーチグループ社の調査レポート「企業向けモバイルソリューション 2009年 - トラック2 需要別垂直市場分析:第2巻 国家プログラム ー ENTERPRISE MOBILITY SOLUTIONS, 2009:TRACK 2 VERTICAL MARKET REPORTS WITH DEMAND CURVES ー Vol. 2 National Government Programs」は、軍事や国家行政/連邦政府プログラムなどの国家行政プログラム向けのモバイルソリューションの市場は、予算の削減などの圧力の高まりにもかかわらず、2010年まで順調に拡大するだろうと報告している。


モバイルと無線ソリューションプロバイダの新しいビジネスチャンスは、主に陸軍や自動車の近代化、国境管理や防御などの国家防衛部門の再編によって、メーカーの見通しは明るい。さらに先送りされてきた需要と、主要な状況認識アプリケーションの需要、2009年の米国景気回復法などによって、市場の成長は不況の前のレベルにまで回復するよう導くだろう。


しかし、既存の多くの政府が費用削減と必要な支出とのバランスに苦しんでいるために、予算のプレッシャーは政府向け市場に対して警鐘が鳴らされていると、この調査レポートは指摘している。


「政府の役人が迅速に厳しい調達の決定を行う際に、すばやく切り抜けることの出来る、必要十分な方法がある。このような予算の削減のためには、組織は、ハードウエアの選択においてグレードダウンしたり、非常に頑丈なものをそこそこ頑丈なものとしたり、モバイルハードウエアの買い替え周期を伸ばしたりすることなどが考えられる」と、VDCリサーチグループ社のモバイル&無線主任のDavid Krebs氏は語る。


この調査プログラムは、企業や政府向けのモバイルデバイスの市場規模と成長予測、主要なエンドユーザーの採用促進要因と必要とされる製品機能、主要なアプリケーション、この市場に参入している、または参入しようとする企業にとって重要な要件などを調査している。


【調査レポート】
企業向けモバイルソリューション 2009年 - トラック2 需要別垂直市場分析
ENTERPRISE MOBILITY SOLUTIONS, 2009
TRACK 2: VERTICAL MARKET REPORTS WITH DEMAND CURVES
リンク

◆米国市場調査会社 VDCリサーチグループ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。