logo

(箕面市)地域団体からの申請に基づく「ふれあい安心名簿認証第1号」

箕面市では、平成22年4月1日から「箕面市ふれあい安心名簿条例」を施行しています。
7月2日、同条例に基づき、地域団体(箕面市立小・中学校など行政機関を除く)としては第1号となる認証記号交付書が消防団員OBで組織する「紅消会(こうしょうかい)」に交付されました。
認証された名簿は、「紅消会役員名簿」で同会役員の氏名・住所・連絡先が記載され、役員間の緊急連絡や情報交換等に利用されます。
同日、紅消会会長の松谷強五氏ら2人が市役所を訪れ、倉田市長から松谷会長に「ふれあい安心名簿」の認証記号交付書が手渡されました。

1.ふれあい安心名簿条例
○地域団体の活動の活性化や災害時等の緊急連絡に有用な
名簿を、市民が安心して作成・利用するための手続きを定めて
います。
○個人情報を守りながら名簿を作成・利用するための手続きを
定め、その手続きどおり作成・利用される名簿を、市が認証す
るものです。
○平成22年4月1日から施行しています。

2.条例施行後の市の取り組み
○5月24日(月)から6月13日(日)
の間、8回の市民説明会を実施し
ました。
○条例施行に伴い、市民周知用の
リーフレット(カラー・A4版・4ペー
ジ)を18,000部、地域団体の
役員向け説明用のパンフレット
(1色刷・A4・8ページ)1,000部を作成し、市内の自治会や公共施設等に配付して周知・啓発に努めています。

3.現在の認証状況
○今回交付分が、4月1日に施行した「箕面市ふれあい安心名簿条例」に基づく認証として、地域団体(箕面市立小・中学校など行政機関を除く)の第1号になります。
○自治会等でも認証申請の取り組みを進めておられるほか、行政機関である箕面市立小・中学校のクラス名簿はすでに認証しています。

紅消会:消防団員のOBで結成された団体。
松谷強五会長。会員167人(うち、役員は25人)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。