logo

映像フレームに『poptag(TM)』マーキングを記述する新技術を広告向け映像販促ツールとして製品化開発をスタート

報道関係者各位
プレスリリース
2010年07月01日
株式会社インターネットテレビジョン

映像フレームに『poptag(TM)』マーキングを記述する新技術を
広告向け映像販促ツールとして製品化開発をスタート

株式会社インターネットテレビジョン(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:神山 好則)は、映像フレームに動画のシーン情報を記述する『poptag(TM)』を開発し、2009年9月より(ShopinTV:www.shopin.tv)動画通販サイトで採用しています。この実績を生かして『poptag(TM)』技術を広告向け映像販促ツールとして製品化開発をスタートします。

【新技術『poptag(TM)』(特許出願中/出願番号:特願2009-190515)について】
映像フレームにマーキング設定したX、Y座標情報を保存し、マーキングポイントをクリックした際のアクションが指定できます。JavaScriptやHTTPへ遷移することでインタラクティブな広告演出が可能となります。また、マーキングポイントの情報は全てデータベースに格納することで「いつ」「誰が」「動画のどの場面」「クリック数」など、リアルタイムで収集すること可能です。ユーザー毎のコンタクトポイント情報をマーケティングデータとして利用できます。

『poptag(TM)』を記述するためのソフトウェア『poptag Authoring Tools』を利用して、独自の拡張子「.itv」を生成し、どのファイルにも『poptag(TM)』情報を付加させることができます。動画ファイルだけでなく、音声ファイルなど全てのファイル(「.wmv」「.avi」「.mov」「.mpg」「.rm」「.flv」「.mp3」「.wav」など)に記述可能です。

その他、映像シーンにマーキング設定したキーワード情報を格納することで、キーワードのシーンから映像を再生することができる「映像シーン検索」やカラーチャートから色を選択することで映像シーンに設定されたカラー情報と一致した情報の一覧を表示する「カラー検索」を製品化しています。
地上波デジタル放送にも注力しつつ、ユーザーにとって、検索の選択肢をさらに広げるために、利便性の高い検索エンジンの製品化を目指し開発中です。


『poptag Authoring Tools』の機能

・全ての動画・音声ファイルを記述可能
・X、Y座標上にマーキング情報を記述可能
・クリックでJavaScriptを指定
・設定した情報を独自拡張子「.itv」で保存
・動画から簡単にサムネイル画像を作成
・twitter、Ustream、iPhone対応開発中

※本成果は、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)の先進技術研究開発助成事業
「MPEG7を応用した動画EC通販機能の実用化研究開発」によるものです。

■『ShopinTV』での実用について
2009年9月より、株式会社パルコ、株式会社バンダイ、株式会社小学館集英社プロダクション、株式会社インターネットテレビジョンの4社での共同プロジェクト「ドラミちゃんアラモード」の公式通販サイト『ShopinTV』にて、『poptag(TM)』技術が採用されています。読者モデルが着こなす動画映像を直接クリックして買物ができます。また、映像を利用することで製品のディテール、着こなしたイメージ(正面、横、背中)、素材感などをリアルに紹介します。『ShopinTV』に採用した『poptag Authoring Tools』は、FlashAIRで開発しており、それにより、簡単なクイズやユーザーのアクションで動的に動画を切り替えるインタラクティブなコンテンツ表現が可能です。

『ShopinTV』: リンク


【会社概要】
社名 : 株式会社インターネットテレビジョン
本社 : 東京都渋谷区幡ヶ谷1-21-7
設立 : 2000年8月28日
資本金: 3,000万円
代表者: 代表取締役 神山 好則
URL  : リンク


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社インターネットテレビジョン
担当 : 酒井 健朗
tel  : 03-5465-0761
fax  : 03-5465-0762
e-mail: info@itv.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。