logo

米国の商用ビル優遇ローンPACEは2015年に25億ドルに達するだろう

米国市場調査会社パイクリサーチ社が、再生可能エネルギー設備設置の促進を目的とした米国ローンプログラム「PACE」の将来性について調査した「米国のPACE調査:商業ビルのエネルギー効率向上と再生可能エネルギー化のための優遇ローンの将来性、地球温暖化ガスの削減、雇用創出 - PACE Financing for Commercial Buildings
:Property Assessed Clean Energy Financing for Energy Efficiency Retrofits and Renewable Energy: Market Opportunity, GHG Reduction, and Job Creation」を出版

商業ビルのセクターで、旧弊なエネルギー効率の改善は、エネルギー消費とコストの大きな削減につながり、温室効果ガス(GHG)の排出を緩和することができる。しかし、個人が所有している商業ビルのエネルギー効率化のための改築市場は、資金の問題から限定的であり、所有者の計画は短期的で、所有者とテナントの利害関係が阻害要因となっている。PACEプログラム(Property Assessed Clean Energy)の優遇ローンは、商業ビルの改築市場におけるこれらの阻害要因を取り除く重要なツールである。PACEプログラムは、私財を自発的な出資の約束に変えることができる。このような支払いは5-20年で、通常は固定資産税の請求と相殺される。


米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「米国のPACE調査:商業ビルのエネルギー効率向上と再生可能エネルギー化のための優遇ローンの将来性、地球温暖化ガスの削減、雇用創出 ー PACE Financing for Commercial Buildings:Property Assessed Clean Energy Financing for Energy Efficiency Retrofits and Renewable Energy: Market Opportunity, GHG Reduction, and Job Creation」は、PACEプログラムは米国で増加し続け、通常の予測シナリオでも、2015年までにPACEプログラムによる商用ビルへの投資は、年額総計25億ドルに達するだろうと報告している。この投資レベルなら、新規雇用を5万人創出でき、800万トン(メトリックトン)の二酸化炭素(CO2)排出を削減し、1年間に170万台の車をなくするのと同等の効果がある。PACEに対して州や連邦の強力な後押しがあると考えるより積極的なシナリオに沿った予測なら、PACEに関連する投資などの効果は3倍にもなるだろう。


「PACEプログラムは国内で大きな効果を挙げ、既存の商業ビルの改築によるエネルギー効率化における多くの問題点を克服する道筋を示すことができるだろう。多くの商業ビルは、その他の環境的にも社会的な投資にも中立的から積極的なキャッシュフローをふりむけ、エネルギー効率化の改築によって大きな利点をみいだすだろう」と常務のClint Wheelock氏は語る。

【調査レポート】
米国のPACE調査:商業ビルのエネルギー効率向上と再生可能エネルギー化のための優遇ローンの将来性、地球温暖化ガスの削減、雇用創出
PACE Financing for Commercial Buildings
Property Assessed Clean Energy Financing for Energy Efficiency Retrofits and Renewable Energy: Market Opportunity, GHG Reduction, and Job Creation
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。