logo

クラウド時代に対応し、ECM分野製品のSaaS提供で富士通システムソリューションズとEMCが提携

規制対応文書管理・セキュアコラボレーション、「Documentum」を国内で初めてSaaSにて提供

2010年5月18日
株式会社富士通システムソリューションズ
EMCジャパン株式会社

---------------------------------------------------------------------
株式会社富士通システムソリューションズ(以下、Fsol:エフソル)と、EMCジャパン株式会社(以下、EMC)は、組織内において膨大化する電子化された文書やWebコンテンツの登録、管理、保管、情報共有業務の統合管理と効率化を行うECM(注1)ソリューションをSaaS(注2)で提供することに合意しました。
今回提供予定のサービスは、EMCが提供しているECM向け製品「Documentum」(ドキュメンタム)(注3)、「eRoom」(イールーム)(注4)、「IRM(Information Rights Management)」 (注5)を富士通株式会社(以下、富士通)のデータセンターからインターネット経由で提供するものです。これにより、お客様がECM専用システムを自社で構築しなくても、電子化された文書やコンテンツの管理、保管、情報共有、セキュリティ設定を短期間・低価格で実現できます。
Fsolはこれまで、「WebSERVE」(ウェブサーブ)をはじめとする豊富なソリューションを提供し、SaaSへの対応を強化しています。今回さらに、Documentumシステムの導入・サポートの数多くの経験と実績をベースにSaaS対応ソリューションの拡充を図ります。
EMCでは、SaaSにより、これまで以上にECMビジネスの拡大を図るとともに、「Documentum」が大手企業に加え中堅・中小企業のお客様にも拡大することを狙いとしています。
本合意は、このような、FsolとEMCのECM分野におけるビジネス戦略が一致したことによるものです。
---------------------------------------------------------------------

ICTの著しい発展の中、社内電子文書は膨大化しており、特にコンプライアンス対応やリスク管理として保管すべき対象文書が増え続けています。また、パートナー企業間の電子データ・文書の情報共有をセキュアな環境でスピーディに行いたいという要望は高まっています。こうした、電子データの蓄積・管理、情報共有は、企業や組織とって大きな課題となっています。
FsolとEMCは、この課題を解決するため、SaaSとしてECMソリューションを提供します。


【提供予定サービスの概要】


(1) 医薬品開発、医療機器開発の分野向けの文書・コンテンツを管理するSaaS

医薬品・医療機器開発分野において作成される膨大な量の電子文書および関連資料の管理業務において豊富な実績があり、米国の法規制21 CFR Part11(注6)に対応したEMCのコンテンツ管理プラットフォーム「Documentum」をSaaSにて提供します。 Fsolと富士通は、2010年1月より製薬分野の臨床試験向けSaaSとして、「tsClinical」(ティーエスクリニカル)を提供しています。今回第2弾として、新薬申請向けSaaSの文書管理業務サービスを提供する予定です。


(2) 製造業をはじめ他の業種にも幅広く適用できる、情報コラボレーションを支援するSaaS

お客様の共同開発プロジェクトでの文書管理や情報共有、プロジェクト管理など、関係する複数の会社間の連携に適したEMCのコラボレーションプラットフォーム「eRoom」をSaaSにて提供します。また、「eRoom」上で機密情報の制御/保護/履歴管理を行う「IRM」も提供いたします。


【サービス提供時期】
2010年7月(予定)


【商標について】
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


【関連リンク】
・Fsol製品&サービス紹介ページ(リンク
・富士通クラウド・コンピューティング紹介ページ(リンク
・「tsClinical」紹介サイト(リンク


【注釈】
(注1) ECM(Enterprise Content Management):エンタープライズコンテンツ管理。企業・組織内にある文書からリッチメディアに至るまで、膨大化する非構造化データを統合管理するソリューション。
(注2) SaaS(Software as a Service):ハードウェア・ソフトウェアなどのIT資産を保有せずに、データセンターから提供される最先端のアプリケーション機能を必要なときに利用するサービス。
(注3) 「Documentum」:コンテンツ管理プラットフォーム(EMC製品)
(注4) 「eRoom」:Webベースの共同ワークスペース・コラボレーションプラットフォーム(EMC製品)
(注5) 「IRM(Information Rights Management)」:コンテンツの安全な共有と制御を行うソフトウェア製品 (EMC製品)
(注6) 21 CFR Part11:米食品医薬品局(FDA)が制定した、電子データと電子署名に関する規則



◆本件に関するお問い合わせ先

株式会社富士通システムソリューションズ
ライフサイエンス第2ソリューション部 :石田、山岸、神津(こうづ)
電話: 03-5977-5119
お問い合わせフォーム: リンク
お問合せはこちらからお願いいたします。
EMCジャパン株式会社
CMA事業本部 :鷲崎(わしざき)、東方(とうほう) 電話: 03-5308-8960


◆報道に関するお問い合わせ先

株式会社富士通システムソリューションズ
経営企画室 広報グループ 浅野、鈴木
電話: 03-5977-7852
お問い合わせフォーム: リンク
EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 広報マネージャ 武村 綾
Tel: 03-5308-8867(直通)/ 03-5308-8888 (代表)/ E-mail: japanpr@emc.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。