logo

BIGLOBE旅行の「宿・ホテル比較&検索サービス」を旅行関連サイト向けにSaaS型で提供 ~9つの大手宿泊予約サイトが扱う110万件以上の 宿泊プランの横断検索が無料で導入可能~

フォルシア株式会社 2010年06月28日 13時15分
From PR TIMES

 NECビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:飯塚 久夫、以下BIGLOBE)は、フォルシア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:屋代 浩子、以下フォルシア)と提携し、第一弾として今秋から旅行関連サイトに対して提供を行なうSaaS型(注1)の「宿・ホテル比較&検索サービス」を、本日より販売開始いたします。尚、本サービスの導入費用は無料です。(リンク



 「宿・ホテル比較&検索サービス」は、国内110万件以上の宿泊プランを9つの大手宿泊予約サイト(注2)から横断的に検索可能な“BIGLOBE旅行”のサービスをSaaS型で提供するもので、高速な商品検索が可能なフォルシアの検索プラットフォーム「Spook(R)」(注3)を活用しています。SaaS型で提供するため運用コストを抑えられるほか、旅行ポータルサイトや観光地サイトへの組み込みが容易でありサイト訪問者に対する利便性向上も実現いたします。更に、本宿検索サービス経由で宿泊に至った場合には、導入サイトは手数料を得ることが可能です。

 このたび旅行関連サイト向けに提供するSaaS型「宿・ホテル比較&検索サービス」の特長は下記の通りです。


1.国内最大級の宿泊プラン横断検索サービスを活用可能
9つの大手宿泊予約サイトに掲載されている大量の宿泊プランを一括で検索できることに加え、スライダーを左右に移動することで前後の日程の空室状況が確認できるなど高い利便性を有している宿検索サービスを、宿泊予約機能を強化したい旅行関連サイトに組み込んで使うことができる。“BIGLOBE旅行”では、本年3月10日に「宿・ホテル比較&検索サービス」を導入して以来(注4)、利用者数、予約数ともに4割増加を実現。

2.導入費用が無料で宿泊手数料が得られる
本宿検索サービスはSaaS型のため、サーバ設備などの大規模な設備投資が不要であり、旅行関連サイトへは無料で導入できる。また、サイト訪問者が本宿検索サービスを利用して宿泊した場合には、手数料収入を得ることができる。

3.検索窓を設置するだけで容易に導入が可能
検索テンプレート(HTML)を対象サイト内に記述し、検索窓を設置するだけで本サービスを導入できる。今後は、対象サイトのエリアなど特性に合わせた絞込みができる有料オプションサービスを提供予定。


 昨今、Web経由での宿泊予約が定着したため、旅行サイトや全国の観光地からは、更なる利用者の獲得とともにサイトの収益向上に対するニーズが高まっておりました。このたびの旅行関連サイト向けの宿検索サービスの提供は、こうしたニーズに応えるもので、利用者の利便性向上を図りながら、旅行関連サイトの活性化を支援し、今後1年間で本宿検索サービスの100サイト導入を目指してまいります。

 BIGLOBEとフォルシアは、これまで観光情報の提供に注力していた全国の観光地サイトからも宿予約が容易に出来る環境づくりを支援することで、国内旅行の機会拡大に貢献してまいります。さらに今後は、訪日旅客向け、ツアー等さまざまなSaaS型サービスの拡大、開発に着手する予定です。



以 上

BIGLOBE旅行(URL:リンク

(注1)SaaSとは、ソフトウェアの機能のうち、ユーザが必要とするものだけをサービスとして配布し利用できるようにしたソフトウェアの提供形態

(注2)楽天トラベル、JTB、るるぶトラベル、赤い風船、宿ぷらざ、一休.com、近畿日本ツーリスト、じゃらんnet、阪急交通社(JTB、るるぶトラベルは、i.JTBが運営。赤い風船、宿ぷらざは、日本旅行が運営。)

(注3)商品検索で圧倒的なパフォーマンスを発揮する、フォルシアの新次元の検索プラットフォーム。その先進性と圧倒的なパフォーマンスが評価され、多くのサイトに導入されています。特に情報量が膨大で、データベース構造が複雑な旅行業界においては、大手旅行サイトを中心にSpook(R)が導入され、優れたパフォーマンスを発揮しています。本宿検索サービスでは、Spook(R)の一部機能を切り出して使われています。
主なSpook(R)採用旅行サイト:日本旅行、ANA、JAL
Spook(R)はフォルシア株式会社の登録商標です。
                           
(注4)9つの宿予約サイトを対象にした宿泊プラン横断検索サービスの開始時点

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事