logo

Fortress Financial Group, Inc.、新しい企業ウェブサイトを開設し、今後の発表を凍結

Las Vegas, NV, June 25, 2010 - (JCN Newswire) - Fortress Financial Group, Inc.(PINKSHEETS: FFGO)は、新しい企業ウェブサイト( www.fortfinancegroup.com )を開設したことを確認しました。

Las Vegas, NV, June 25, 2010 - (JCN Newswire) - Fortress Financial Group, Inc.(PINKSHEETS: FFGO)は、新しい企業ウェブサイト( www.fortfinancegroup.com )を開設したことを確認しました。


この新しい企業ウェブサイトは、今後すぐに行われる予定の同社の金関連利権売却と、その後に株主の皆様に売却利益を分配するための、単一特別配当の支払い手続きについて、株主向けにガイドの提供と支援を行うようにデザインされています。今後の最新情報発表は、新しい企業ウェブサイトを通じて、また、無料購読を行った株主様向けの、更新情報即時通知メールのサービスを通じて行われます。


Fortress Financial Group, Inc.は、今後、プレスリリースや規制当局向けの書類の提出など、いかなる種類の最新情報の公表も必要ないと判断しました。以前のプレスリリースや規制当局への提出書類で、弊社は金関連利権売却についての売却および購入合意が現在完了し、現在購入側の最終執行を待機中であることを、明確に述べました。弊社は、これらの売却合意が現在完了していることに満足しています。弊社は、今回の取引についての価格ガイドラインを、多くのプレスリリースで提供してきました。


Fortress Financial Group, Inc.は、BouseおよびSouth Copperstoneの2つの金関連地所の利権を所有しています。同社は、これらの利権を販売予定で、売却代金は株主に配分されると、明確に公表しています。同社は、1オンス当たりの金価格が1,050米ドルの場合、普通株一株当たり最低0.003米ドルの価値という「価格ガイドライン」を提供しています。現時点では金取引価格が1オンス当たり1,235米ドル以上ですので、価格ガイドラインはこれに比例して値上げされます。同社の普通株は、「価格ガイドライン」に記述された大口割引に沿って、現在取引されています。


このリリースには、1933年の米国証券法改正第27条A項、および1934年の米国証券取引法改正第21条E項の意義の範囲内で、将来予想に関する記述(forward-looking statement)が含まれています。これらの将来予想に関する記述は、1955年の米国私募証券訴訟改革法のセーフハーバー条項に則って、作成されています。将来予想に関する記述には、未来への期待、計画、結果、または戦略が記述されており、「場合」「将来」「予定」「計画」「でしょう」「必要」「予測」「予想」「ドラフト」「いずれは」「見込み」「ガイドライン」などの言葉が使用されています。このような記述は、多くのリスクと不確実性に左右されるもので、将来の状況、出来事、または結果が、将来予想に関する記述に書かれた予想と著しく異なる原因となる場合があります。将来予想に関する記述で予測された内容と実際の結果が著しく異なるというリスクの原因となるさまざまな要因やリスクは、同社から米国証券取引委員会に提出された文書に記述されています。


お問合せ先:
Fortress Financial Group, Inc.
Peter J. Bezzano
会長
電子メール:admin@fortfinancegroup.com
Twitter: リンク
電話:+1 (954) 623-7409


総合IR情報お問い合わせ先:
Corporate Communications (Fortress - Global Investor Relations担当)
電子メール:ir@fortfinancegroup.com
直通電話: +1 (407) 403-5565

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事