logo

最大1000 拠点の接続が可能な企業向けブロードバンドネットワークの提供を開始

-全国をカバーする「NETFORWARD/BB」により通信コストの大幅な削減が可能-

株式会社日立情報システムズ(取締役社長:原 巖、本社:東京都品川区大崎、以下 日立情報)は、企業向けブロードバンドネットワークサービス「NETFORWARD/BB」に、最大で1000拠点まで接続できる多拠点接続用メニュー「クローズドタイプ・ハイパー」を追加し、中堅以上の企業向けに本日より提供を開始します。

 「NETFORWARD/BB」では、インターネットVPNよりも安定かつ高セキュリティな通信を求める企業を対象に、アクセス回線にフレッツサービスを利用しつつクローズドIP網(閉域網)の利用が可能な「クローズドタイプ」を提供しています。しかし、従来のタイプは通信性能確保のため100拠点までの接続が上限であり、それ以上の拠点への接続は困難でした。
 今回発売する「クローズドタイプ・ハイパー」では、「NETFORWARD/BB」のバックボーン内に最大1000のフレッツ回線が収容可能なお客さま専用のアクセスコントローラ(以下、AC)を設置します(東京/大阪/福岡から選択)。アクセス回線のフレッツサービスは、NTT東日本/NTT西日本によらず設置したACに接続できるため、これまで東西別々に構築が必要であったクローズドIP網を一本化することができ、構築や運用コストと管理負担を大幅に軽減できます。また、ACを介することにより通信キャリア各社の回線サービスとの接続も可能となり、専用線サービスとブロードバンド系サービスの組合せやマルチキャリアによる信頼性を考慮したネットワークを構築することも可能です。
 日立情報では、「NETFORWARD/BB」の「クローズドタイプ・ハイパー」を大手流通業や飲食業など全国に多拠点を展開する企業を中心に拡販を進め、2013年度(2014年3月末)までに売上高10億円の達成を目指します。


<サービスの特長>
・最大1000拠点までサポート
・AC(アクセスコンローラ)集約によるコスト低減
・マルチキャリアサポートによる対障害性の向上
・最寄のAC接続による網内遅延の低減
・ACによる、NTT東エリア、西エリアを意識しない接続をサポート
・フレッツ新サービス(フレッツ光ネクスト)をサポート


3.提供価格
 個別見積


※記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。



◆印刷用はこちら(PDF)からリンク
◆関連サイト:ブロードバンドネットワークサービス「NETFORWARD/BB」リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事