logo

コンビネーションバトルRPG『クロスブレイブ』オープンβテスト目前!上位クラス完全紹介!!

■プレスリリース
報道関係者各位
                                                 2010年6月24日
株式会社ファイブスターオンライン・エンターテイメント     (リンク )


コンビネーションバトルRPG『クロスブレイブ』
オープンβテスト目前!上位クラス完全紹介!!





株式会社ファイブスターオンライン・エンターテイメント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:王子 傑、以下 ファイブスター) は、6月25日よりオープンβテストを予定しているコンビネーションバトルRPG「クロスブレイブ」の、上位クラス全9種類をご紹介いたします。
上位クラスになりますと、戦闘の幅やスキルの種類も格段に増え、各クラスの色もそれぞれ異なってきます。ますます期待値が上がる「クロスブレイブ」の魅力を、オープンβテスト前にお確かめください。

◆上位クラス◆
数多の戦闘を潜り抜けた傭兵には更なる高みへ昇るための試練が与えられる。
その試練こそが、基本クラスから上位クラスへ飛躍するための条件だ!

【剣闘士系】
■黒騎士
騎士となるべく剣の腕を磨く中、エーテルの扱いに目覚めし者達。
剣闘士時代に身につけた剣技に加え、魔力を付与した”魔法剣“を得意とする。炎と雷の魔術を瞬時に切り替える「エーテルチェンジ」が特徴。剣も魔法も極めたい人にオススメ!


■狂戦士
激しい戦場での戦で狂気に触れ、身体への負担も考えず攻撃する術を身に付けた者達。
攻撃を行うと蓄積されていく「狂気ゲージ」が特徴で、スキルによっては狂気ゲージが溜まらないと発動しないスキルがある。また、莫大な破壊力と引き換えにHPが減少するスキルもあり、まさに攻撃の専門家だ!


■白騎士
過酷な戦場の中で平和への願いが強くなり、神への信仰心から聖なる力を得た者達。
自らの身体や部隊員の能力を一時的に向上させるスキルを得意とする。光の精霊の力を借りた剣技は、広範囲の攻撃に特化し、他のクラスと比べても引けを取らない!


【武術家系】
■念術士
体中を巡る気力を自在に操る術を体得した者達。
気力を自在にコントロールすることで、身体能力を向上させ体外に放出するなど、武術を活かした攻撃が得意。攻防ともにバランスの良いスキルが揃っている。


■邪闘士
絶望に満ちた戦場の中で冥界の炎を操る術を会得した者達。
「冥炎」と呼ばれる禍々しい炎を操り、触れる者の生命力を削りとる。冥界と呼ばれる異次元の魔術を操る彼らは、トリッキーな技で敵を翻弄する!


■格闘家
武術家として体術を磨き上げた格闘の専門家。
鍛え上げられた肉体を武器にした高速攻撃は、リーチこそ長くないが、驚異的な破壊力を誇る。素早く移動するスキルで相手の懐に素早く飛び込んでいく。腕に自信のある人にオススメしたい!


【魔導師系】
■元素師
魔術を磨き、エーテルを扱う術を身に付けた者達。
魔導師の特徴を更に強化した彼らの操る魔術は、手数も多く一回のスキルで多段コンボを与えるものが多い。攻撃に特化した魔法攻撃を身につけたいなら、迷わず元素師になると良いだろう!


■霊媒師
自ら魔力を媒介に、霊界の力を自在に操る術を身につけた者達。
戦闘中に常に発動させる「スピリットゾーン」が特徴。この領域に立ち入る者達の魂を捕える「スピリットロック」は、ロックした相手に近づかずとも攻撃ができる。非常にテクニカルなクラスだ!


■聖職者
神々への信仰心から、人々を護る聖なる魔術を会得した者達。
他人の能力を向上させるスキルに長けているが、「ホーリースティック」を媒介とした遠隔攻撃は驚異的な攻撃力を誇る。相手を倒す戦いよりも、生き抜くための戦いを得意とする。


尚、タイトル概要につきましては、下記の情報をご覧ください。

◆コンビネーションバトルRPG『クロスブレイブ』とは◆
『クロスブレイブ』は、爽快なアクションゲームのプレイ感と、重厚で幻想的なストーリーを楽しめる横スクロール型アクションロールプレイングゲームです。

■クライアント先行ダウンロード
2010年6月23日(水) 17:00~
■オープンβテスト
2010年6月25日(金) 16:00~

タイトル名:クロスブレイブ(英字表記:XBrave)
ジャンル:オンラインアクションMORPG
運営会社:株式会社ファイブスターオンライン・エンターテイメント
開発会社:ナインユー・インターナショナル・リミテッド
利用料金:基本プレイ無料(アイテム課金)
利用方法:「5StarsID」の会員登録および、ゲーム利用登録
クロスブレイブ公式サイトURL:リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事