logo

オーナー自ら考える理想の飲食店、簡単操作の3D店舗レイアウトソフトを発売

メガソフト株式会社(大阪府吹田市、代表取締役社長:井町良明)は、飲食店舗のフロア形状を手早く作成し、家具や厨房機器などをマウスで配置して店内レイアウトを3Dで検討できる飲食店向け店舗レイアウトソフト「3D飲食店プランナー」(スリーディーインショクテンプランナー)を7月2日(金)より発売いたします。

■新店オープンから居抜き店舗まで、簡単操作でオーナー自らレイアウトを検討

「3D飲食店プランナー」は、店舗を運営するオーナー自らフロアやホールのレイアウトを3Dで検討できる飲食店向けの店舗レイアウト検討ソフトです。
設計や図面の知識がない方でも、基本のフロア形状に物件の寸法を入力するだけで、手早くフロア図面を作成することができます。
厨房設備や家具など飲食店開業に必要な素材パーツを2500点以上収録しており、それらをマウスで配置するだけの簡単な操作でホールや厨房のレイアウトを検討できます。
作成したレイアウト図はワンタッチで立体化できるので、実際の店舗内にいるような視点で、客席配置の工夫や客席から厨房がどう見えるかなど、気になるポイントの視覚的なチェックが可能です。

【主な特長】
・専門知識不要で手早くフロア概略図面を作成可能
四角形やL型、凸型や凹型などあらかじめ用意されている基本的なフロア形状に寸法をいれるだけで店内フロアの概略平面図を作成できます。壁の形はあとから編集できるので、検討したい実在の物件に則したフロアでレイアウト検討が可能です。

・飲食店用素材パーツを2500点以上収録
ホール用のテーブル・チェア・カウンターなどの家具類から、シンク・冷蔵庫・各種調理器具などの厨房設備まで、飲食店舗のレイアウト検討に必要な素材パーツを2500点以上収録しています。作成したフロア図面にこれらのパーツをマウスで並べていくだけで、店舗内のレイアウトを簡単に検討できます。素材パーツはサイズの変更もできるので、オーダー品の配置検討も可能です。

・3Dで店内を再現、視覚的なチェックが可能
平面図で検討した店内レイアウトはワンタッチで立体化できます。視点位置を自由に変更できるので、実際の店内にいるような感覚で視覚的にレイアウトをチェックできます。人物のパーツを配置して通路の広さを確認したり、オープンキッチンの見え方の確認や、化粧室への出入りを隠す鉢植えの効果など、視覚的なシミュレーションが可能です。

・設備一覧もワンタッチ作成
レイアウトしたフロアの面積や、配置した設備・家具の一覧表を作成して、エクセルなどの表計算ソフトに貼り付けることができます。レイアウトの際に型番やメモなどを書き加えた内容が一覧表に反映されるので、納入業者との打ち合わせや、価格の検討資料を作る場合にも活用できます。


対応OS:Windows 7/Vista/XP
発売日:2010年7月2日(金)
標準価格:36,750円(本体価格:35,000円)

このプレスリリースの付帯情報

3D飲食店プランナーで作成した飲食店の3Dパース

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。