logo

Kingston、新テクノロジーを初公開「Kingston Insider Premiere」を開催

USB3.0対応SSD、SDXCカード、水冷却メモリなど複数の新製品を公開

メモリ製品で世界をリードする独立系メモリメーカーKingston Technologyは6月3日、USB3.0対応SSD、水冷却メモリ、SDXCカードなど、Kingstonの最新テクノロジーを初公開するイベント「Kingston Insider Premiere」を台湾のレストランバー「人間泉五」にて開催いたしました。

同イベントは、市場調査会社iSuppli社とDRAMeXchange社が発表した最新の調査結果により、Kingstonが2009年のサードパーティメモリ市場におけるNo.1メモリメーカーに選ばれたことを記念して、日頃からお世話になっている報道関係の方々や、パートナー様、販売代理店様をお招きし、開催いたしました。

イベント冒頭で、Kingstonの今日の成功までの23年間の歴史や成功の秘訣を収めたビデオ「Kingston Insider」を公開し、ご出席いただいた方々へAPAC地域副社長のスコット・チェンより祝辞を述べた後、USB.3.0対応HyperX SSDや64GB SDXCカード、水冷却メモリ「HyperX H2O」、エントリーモデルメモリ「HyperX blu」、低電圧メモリ「HyperX LoVo」など、複数の新製品を公開いたしました。また、世界最速となるHyperX 2544Mhzメモリの動画*も同イベント中に公開し、ご出席いただいた方々から驚嘆の声をいただきました。

当社APAC地域副社長を務めるスコット・チェン(Scott Chen)は、「2009年、Kingstonは41億ドルの収益を達成しただけでなく、市場調査会社による最新の調査結果(iSuppli社/ DRAMeXchange社)においても、引き続き市場を牽引する独立系メモリメーカーとして選ばれました。この度の成功は、顧客の皆様、ベンダー様、パートナー様、報道関係の方々からのご支援のおかげです。Kingstonはエンドユーザーの方々の期待に応えるため、新製品の開発および質の高いサービスの提供を続けていきます。2010年の我々の焦点は、SSDとHyperXメモリ製品ラインの市場シェアを拡大し、急成長市場における地位をより確立することです。」と語っています。

*HyperX2544MHzの動画については、リンクをご参照ください。

Kingstonの詳細情報についてはWebサイトwww.kingston.com/japanをご参照ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事