logo

London Grid for Learning、ジュニパーネットワークス社の簡素化データセンタネットワークインフラを展開

Sunnyvale, CA, June 22, 2010 - (JCN Newswire) - ジュニパーネットワークス社(NYSE:JNPR)は、世界最大の教育用光ファイバネットワーク、London Grid for Learning(LGfL)が、ルーティング、スイッチングおよびセキュリティソリューションなどのジュニパー社の高パフォーマンスインフラにより、データセンタネットワークをアップグレードしたことを、本日発表しました。ネットワークのアップグレードにより、LGfLは、美術館や専門家向け研修センタなどとのテレビ会議、コンテンツストリーミング、およびオンライン管理学習リソースなどの、ふんだんな帯域幅を使ったマルチメディアによる教育・学習サービスを、グレーター・ロンドンの2,600か所の小・中・高等学校に提供できます。


「LGfLがオンライン教育の最前線を走り続けるためには、2,600か所の教室と職員室に最先端の教育サービスを提供する高パフォーマンスのデータセンタネットワークが必要でした。」と、LGfL最高経営責任者のBrian Durrantは述べました。「ジュニパー社には、データセンタ・ネットワーク・インフラの簡素化・統合・仮想化を通じて、研究・教育機関の大幅なコスト削減に役立ってきた実績があります。ジュニパー社のJunosは、インフラ全体を動かす単一のネットワーク・オペレーティング・システムで、運用効率をさらに向上し、ネットワークの『クラウド対応』のために最適な基盤を提供します。


LGfLは、ロンドンの33の地方自治体の共同イニシアチブとして、ロンドン教育界に先進的でコスト効果の高い情報通信技術(ICT)サービス提供のため、2000年に設立されました。サービスには、ブロードバンド接続とマネージド・セキュリティ・サービス、および教師と生徒がポータルから利用できる100万ページ以上のオンラインコンテンツが含まれます。LGfLは、世界最大の都市部教育ネットワークで、トランスポート層の100%は光ファイバイーサネットです。ネットワークはまた、ロンドン公共サービスネットワーク(LPSN)のバックボーンで、ロンドンの33の地方自治体で信頼性の高い情報共有を可能にしています。緊急時には、LGfLインフラが、重要な通信を行うための緊急用帯域幅も提供します。


「LGfLのような革新的組織は、パフォーマンス、スケール、セキュリティおよび単純さなどを追究したオープンアーキテクチャで、所有費全体が大幅に削減された新しいネットワークに対するビジネスニーズを理解しています。」と、ジュニパーネットワークス社EMEA担当上級副社長Gert-Jan Schenkは述べました。「高パフォーマンスインフラに対するジュニパー社のアプローチ、the new networkは、LGfLが、信頼性とコスト効果の高い21世紀の教育サービス提供という中核的目標と、ネットワークの方向性を合わせることを可能にしました。」


LGfLは、ネットワークの中核および配布層にJuniper Networks MX Series Universal Edge Routerを、パフォーマンス、可能性およびサービスアジリティの最大化のために、先進ルーティング、MPLS、QoSおよびマルチキャスト機能を展開しました。ジュニパーネットワークス社の J Series Services Routerは、拡張可能性拡大と運用簡素化により、ネットワーク終端部のサービス提供を標準化します。これにより、LGfLは、規模やオンサイト技術スキルにかかわらず、すべての学校をひとつのCPE (加入者宅内機器)で標準化します。


さらに、Virtual Chassisファブリック技術を搭載したJuniper Networks EX Series Ethernet Switchは、データセンタネットワークの複雑性の第一の原因となるアグリゲーション層を不要にしますので、LGfLのデータセンタでキャリアクラスの柔軟な接続を実現するために、配布層でコスト効果の高いイーサネットアグリゲーションを、LGfLに提供します。ジュニパーネットワークス社のSRX Series Services Gatewayはまた、高パフォーマンスの統合セキュリティを提供するために、ネットワークの中核で、展開されます。ジュニパーネットワークス社のSTRM Security Threat Response Managerは、ネットワーク行動、セキュリティイベント、脆弱性プロファイルおよび脅威情報などの監視データの統合・分析・管理により、単一のコンソールにネットワークパフォーマンスと堅牢なセキュリティ管理サービスを結合しています。


新しいインフラは、ジュニパーネットワークス社ローカルパートナーでCapita Group plc.の一部の、Synetrix社により設計されました。Synetrix社は、LGfLの代わりに、マネージドサービスとして、インフラを運用します。


概要: ジュニパーネットワークス社
デバイスからデータセンタまで、消費者からクラウドまで、ジュニパーネットワークス社は、ネットワーキングの使い勝手や経済性を変革する革新的なソフトウェア、半導体およびシステムを提供しています。同社は、世界各国で30,000社以上のお客様とパートナーにサービスを提供しており、昨年は30億米ドルの売上高を上げています。詳しい情報は www.juniper.net にあります。


Juniper NetworksおよびJunosは、米国および他の国で、ジュニパーネットワークス社の登録商標です。Juniper NetworksおよびJunosのロゴは、ジュニパーネットワークス社の商標です。その他の商標、サービスマーク、登録商標は、または登録サービスマークは、それぞれの所有者の資産です。


お問合せ先:
メディア向け広報
Rebecca Cradick
Juniper Networks, Inc.
Tel: +44 (0) 1372 385 655
Email: rcradick@juniper.net


投資家向け広報
Lisa Hartman
Juniper Networks, Inc.
Tel: +1 (408) 936-6123
Email: lisac@juniper.net

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。