logo

医療用モニタリングの拡大に伴う無線利用

疾病管理の新市場

この調査レポートは、長期に病をわずらう患者をより正確にモニターし、処置する新しい市場をサポートする無線通信技術の開発と採用に焦点を合わせている。この市場の主要な分野は、患者がどこにいても快適にモニターできるウエアラブルセンサによって、ひそかに監視できることである。さらに、このようなデバイスが幅広いネットワークやシステムに接続できるようになったことで、ほとんどリアルタイムにモニターできるようになり、看護や医療のコンプライアンスが向上した。システム自体は30年以上前からあったものの、どちらかといえばフィットネス市場向けだった。米国調査会社ABIリサーチは、既にウエアラブルセンサのあらゆる潜在市場についての調査レポート「ウェアラブル無線センサ:低エネルギーブルートゥース、ZigBee、Wi-Fi、特許技術を使用したボディエリアネットワーク(BAN)」を出版しているが、今回の調査レポート「医療用モニタリングの拡大に伴う無線利用」では、特に疾病管理分野に注目している。関連産業の取り組みの増加や、アライアンス、パートナーシップによって、疾病管理分野が登場する基盤が整い始め、既に製品も利用可能になっている。とはいえ、市場の進むべき方向性と技術の選択に関しては多くの疑問が残る。


この調査レポートは、遠隔ヘルスケア管理とモニタリングに関連する無線疾病管理設備の市場促進要因とエンドユーザの需要を探る。ウエアラブルセンサ、WANゲートウェイへの無線接続、デバイスやゲートウェイへのM2M接続などの、無線によって可能になった主要なハードウェアデバイスに特に注目している。長期の慢性疾病管理の新しい対策として、社会、経済、市場はすべて無線ヘルスケア市場に影響を与える可能性を増している。デバイスタイプや、標準とプロプライアタリの無線インターフェースの成長傾向について詳細に予測している。

【調査レポート】
医療用モニタリングの拡大に伴う無線利用:疾病管理の新市場
Wireless in Extended Medical Monitoring
The Emerging Market for Disease Management
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事