logo

ProMexico、Diaz Reusを上海国際博覧会の法定代理人に指名

Miami, FL, June 21, 2010 - (JCN Newswire) - グローバル経済へのメキシコの参加の強化に責任を持つ政府機関のProMexicoは、先日、Diaz, Reus & Targ, LLPに上海国際博覧会期間中のメキシコ代表団の法律顧問を委託する独占契約を締結しました。

Miami, FL, June 21, 2010 - (JCN Newswire) - グローバル経済へのメキシコの参加の強化に責任を持つ政府機関のProMexicoは、先日、Diaz, Reus & Targ, LLPに上海国際博覧会期間中のメキシコ代表団の法律顧問を委託する独占契約を締結しました。この法的資格の下に、同社は、中国でビジネスチャンスを探すメキシコの投資家や、メキシコのビジネスに興味のある中国の方々に、アドバイスを提供します。Diaz, Reus & Targ, LLPは、万博期間中、メキシコパビリオンでプレゼンテーションを行います。米国フロリダ州マイアミに本拠を置く法律事務所は、ラテンアメリカ・ヨーロッパ・中東の各都市の他、上海とメキシコシティーでフルサービス事務所を運営していますので、戦略的に見て最適な位置づけにあります。


「上海国際博覧会でProMexicoの代表を務めることを光栄に感じています。」と、Diaz Reus業務執行社員のMichael Diaz, Jr.は述べました。「グローバル企業である弊社と、ProMexicoは、同じビジョンを共有しています。また、上海国際博覧会は、アジアとラテンアメリカの間の国際貿易を効果的に振興するのに最適な、素晴らしい会場を提供しています。」


万博には200か国以上が出展しており、そこに、世界各地から7000万人以上の人々が訪れると予想されています。万博の会期は、2010年5月1日~10月31日までの6か月間で、「より良い都市、より良い生活」をテーマにしており、会場は、上海中心地を二つに分ける黄浦江の両岸にあります。参加者数から見ると、この万博は、国際博覧会の150年の歴史の中で最大規模のものです。


2007年に設立されたProMexicoは、メキシコの輸出入活動の振興・促進・支援を行っています。メキシコ経済省管轄の公益信託として設立されたProMexicoは、メキシコシティーに本拠を置き、メキシコ国内の25か所の事務所( www.promexico.gob.mx/wb/Promexico/ventanillas_de_servicio )と海外の27か所の事務所から、メキシコ企業の海外市場参入の調整業務などを行っています。ProMexicoはまた、メキシコを、国際事業拡大を求める企業にとって、第一級の国際的位置にある国として、メキシコについてのプロモーションやマーケティングを行っています。


マイアミに本拠を置くDiaz Reusは、フルサービスを提供する国際的法律事務所で、貿易、金融、商業・企業取引、税、移民、訴訟、調停を専門にしています。同社は、米国フロリダ州マイアミ、中国の上海、メキシコのメキシコシティー、ドイツのフランクフルト、ベネズエラのカラカスに事務所があり、コロンビアのボゴタ、ブラジルのサンパウロに関連事務所があります。詳しい情報は www.diazreus.com をご覧ください。


お問い合わせ先
Michael Diaz, Jr.
または
Carlos Gonzalez
Tel: +1-305-375-9220

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事