logo

ハイブリッドトラックとハイブリッドバスは2015年に30万台に

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が出版レポート「ハイブリッドトラックとハイブリッドバス:ハイブリッド/プラグインハイブリッド/電池駆動の中型・大型商用車の市場 - Hybrid Trucks and Buses:Medium and Heavy Duty Commercial Truck Markets for Hybrid, Plug-in Hybrid, and Battery Electric Drives」のプレスリリースにおいて2015年までは米国が最大のハイブリッドバスとトラックの市場であり、2位は僅差で中国であるだろうとの予測結果を発表しました。

長い間、バス交通は、大型商用車市場の新しいドライブトレインのテスト用プラットフォームであったが、自動車メーカーは最近2年間、中型・大型商用車の、ハイブリッド電気自動車や油圧ハイブリッドドライブトレインのトラックやバスの開発を急拡大している。これらのハイブリッド車によって、燃料消費を5-50%削減することができ、コストや二酸化炭素の排出量も削減できるため、フリートマネージャにとってますます魅力的なものになっている。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「ハイブリッドトラックとハイブリッドバス:ハイブリッド/プラグインハイブリッド/電池駆動の中型・大型商用車の市場 - Hybrid Trucks and Buses: Medium and Heavy Duty Commercial Truck Markets for Hybrid, Plug-in Hybrid, and Battery Electric Drives」は、ハイブリッドの中型・大型商用車のバスやトラックの世界市場での販売数は、2010-2015年に9000台から10万台以上に増加するだろうと報告している。また、この5年間の世界のハイブリッドトラックの販売数は30万台近くまで増加するだろうと予測している。


「フリートマネージャは、燃料コストの上昇やますます厳しくなる二酸化炭素の排出規制から、一層積極的に解決策を求めている。しかし同時に、自動車としての要件も満たさなければならない。効率性の向上、コスト、性能のバランスの取れた多くの新しいハイブリッドトラックの設計が、今後数年で登場するだろう」とパイクリサーチ社のシニアアナリストDave Hurst氏は語る。


現在最も進んでいるハイブリッドトラックの市場は北米であるが、2011年には日本と中国が牽引するアジア太平洋地域がトップになるだろう。パイクリサーチ社は、2015年までは米国が最大のハイブリッドバスとトラックの市場であり、2位は僅差で中国であるだろうと予測している。


パイクリサーチ社は、中型や大型の商用トラックにおいては、ハイブリッドとバッテリー電気自動車の両方の将来性が高いだろうと見ている。フリート各社は、重い荷物を運搬するだけでなく、拡大するテリトリーをカバーする必要があるので、バッテリーのコストを抑えるためにもハイブリッド技術を採用するだろう。また、配送や定期便などを行うフリート企業は、バッテリー電気自動車に一層高い関心を持つだろう。Hurst氏は、トラックのプラグインハイブリッドの分野には、非常に多くの台数は期待していない。なぜならば、プラグインハイブリッドトラックに最も高い関心を持っているのは公益事業者だからである。


この調査レポートは、ハイブリッド自動車、プラグインハイブリッド自動車、バッテリー電気自動車の中型と大型商用車のトラックとバスのビジネスチャンスと課題を分析している。ハイブリッドとバッテリー技術を分析し、フリート企業の中型・大型商用車トラックの需要促進要因も記載している。世界各国政府のディーゼル規制とハイブリッド車購入補助金に関する法規制と、商用車登録、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、バッテリー電気自動車の中型・大型トラックの2015年までの世界の国と地域毎の予測、米国のバスフリート、主要企業のプロフィールについても記載している。


【調査レポート】
ハイブリッドトラックとハイブリッドバス:ハイブリッド/プラグインハイブリッド/電池駆動の中型・大型商用車の市場
Hybrid Trucks and Buses
Medium and Heavy Duty Commercial Truck Markets for Hybrid, Plug-in Hybrid, and Battery Electric Drives
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。